スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

磯の季節

待ちに待った「磯の季節」がやってきました。

天気予報をにらめっこすること数日。

休みのタイミングで程よく波が出そうな7日に男鹿を目指しました。

20161007aa.jpg

仕事の疲れが取れず遅い出発となり、現場に着いたのは10時(笑)。

すでに一仕事を終えすでに帰った後だったのかもしれませんが幸いに先行者の車もなく、道中に定めたポイントにすんなりと入れました。

急な崖を下り落りて、ふと振り返ると季節の移ろいをしみじみと感じます。

20161007a.jpg

一方、海原に視線を移すと眼前に広がる怒涛のサラシ。

いや~身震いします(笑)

20161005b.jpg

こちらはこの日のために用意したK2F142の画像。

スズキ用プラグを新調するのは久々です。

余談ですが「K2F142&122」に「SLS-Z125S-DR」があれば近頃の僕はもう十分なのです。

それでもほとんど出番のなくなったプラグ達が移動の度にBOX内でガチャガチャと音を立てています・・・

断捨離の時期ですね(笑)

20161007b.jpg

さて、沖根から伸びるサラシにそのK2Fを投入するとコツッと小さな当たり。半信半疑というか身体が勝手に反応し合わせを入れてました。

いや~一投目からヒットというまさかの展開(笑)

こんなことは磯では初めてかもしれません。

ちょっと痩せ気味な70㎝前後の磯スズキ。

魚のコンディションを見るとシーズン初期であること感じさせられますが、うれしい一尾には変わりありません。

20161007c.jpg

その後、しばしランガンするものの外洋側はウネリがきつく、時折り高波がやってくるので危険です。

ちょこちょこと探索するもののド荒れのサラシからは無反応。

狙いをワンドのシャローに切り替えるとムムムの光景。

海鳥達が騒いています。

「すわっ青物到来!」かと心躍りますが、どうも移動が遅く、騒いだり静かになったりと鳥達の喧噪がなんだか短いようです。

なんとなく捕食のタイミングがスズキのようで、むしろ願ったりの展開。

20161007dd.jpg

セットの波をやり過ごし、サラシが広がるのを待つこと数分。沖根に囲まれた小さなスポットにK2F122を落とすと白泡のなかから黒い物体が急上昇し反転。

この光景を見られただけでも十分に満足です(笑)

存分にスズキとのファイトを楽しみランディング。

80㎝には届きませんでしたが、こちらはナイスコンディション。

カタクチを目いっぱいにほおばってました。

20161007f.jpg

ほぼ半日で2尾の結果でしたが、これで十分にお腹いっぱいになりました。

それと磯歩き初日ということもあって、体力的にもいっぱいいっぱい!

無理せず早上がりしてこの日の釣りは終了。

温泉と旨い酒をひとり堪能したのでした・・・(笑)

三陸ジギング大会(2016オフショア・その3)

今週日曜日は7月に中深海釣りを楽しませてくれた岩手の釣り仲間に誘われて、タイトルの「上州屋カップ三陸ジギング大会」に参加してきました。

2012年から始めたオフショアジギングも今年で5シーズン目。腕試しにはちょうど良い機会だと考え参加を決意。滅多に会えないジギング仲間に会うのも楽しみにしてましたが、なんと、当の本人は当日、体調不良でまさかの欠場。

単独で会場となる越喜来崎浜にのり込むことになりました(笑)


20160911a.jpg

前夜にさんりく道の駅で車中泊し、4時半からの受付場所に向かます。

暗いうちから準備に余念のない上州屋スタッフさんが忙しくしている中、続々と参加者が集結。その数80名との事。

20160911b.jpg

受付の抽選で自分が乗船する釣り船と釣り座が決定するシステム。

僕は第18千祥丸の37番。秘かにおなじみの広進丸さんを期待してましたが、願いはかないませんでした(笑)

あとはお世話になる船長にお任せし、自分が頑張るのみ。

20160911c.jpg

オフショアジギング界の大御所「パパ大津留」氏を迎えての開会式が行われ、午前6時、各船一斉にポイントを目指します。

胸躍る光景ですね!

20160911d.jpg

まずは綾里崎前のシャローエリアでスタートフィッシング。

数少ない経験ですが、ここは朝一に数が出るけどサイズは出ないという印象です。まずは確実に規定の2本をゲットさせたい船長の作戦でしょうか・・・

そんなことを考えながらスイムバードを投入。シャクリ始めるとほぼ同時にヒット。2㎏に満たないようなイナダでしたが幸先の良いスタートです(笑)

これでさっさとリミットの2本をゲットし、更にサイズアップを目指そうと皮算用してしまいましたが、この後が予想外の超激渋!

沈黙の時間帯が長く続き、同船の方に2kgクラスが単発ヒットするだけ。僕もその後はヒラメが2枚。いつもならうれしいお魚もこの日ばかりは招かれざるお客様。

手を変え品を変えいろいろとトライするも時間は刻々と経過するばかりで、アッというまに船長から「あと30分です」のコール。

いつもは沖上がり直前はほとんど反応させられないので、まさかのリミットメイクならずが脳裏をよぎります(苦笑)

---

ここで激投ジグ200gピンクグローにチェンジ。これは誘ってくれた仲間が愛用していたジグでもあります。

フルグロー系ジグでボトムからのリアクションバイトを誘うとようやくのヒット。やっと3㎏近くのワラサをゲットでリミットメイク。

しかし、喜びも束の間、再び「あと15分です」のコール(笑)

あわててジグを再投入し、ボトムべったりの青物を意識して誘うとまたもやヒット。

こちらも3㎏クラス。最後の最後にヒットパターンを見つけ、ギリギリで検量サイズを2本揃えることができました・・・

20160911f.jpg

こちらは検量結果が出るまでの閉会式前の様子。

パパさんとのサイン&撮影会やネイチャーボーイズの柳さんによるミニレクチャーなどが和やかなムードで行われてました。

20160911e.jpg

そして、結果がこちら。

一位の方はダントツの結果!お見事です!!

自分は十○位。名取からのエントリーのひとりです(笑)

こうして結果を見るとこの日は2本そろえるのも大変だったようです。

20160911g.jpg

その後、表彰式、抽選会、じゃんけん大会が行われ、たっぷりと楽しませていただきました(笑)

---

順位を競う釣りは人生初でしたが、僕のジギングの世界が更に広がり良い経験になりました。

貴重な体験に誘ってくれた釣り仲間、関係の皆さまに感謝です。

p.s.いつかは表彰台に(笑)

---フィッシングデータ---
日時:9月11日 乗船時間6:00~11:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「第18千祥丸」
天候:曇り、水温:℃、波:1m、風:不明
釣果:ワラサ3.0㎏、2.7㎏、イナダ
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+13シマノ/ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/フロロリーダー60lb
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ドラッグフォースJDR631-5+ダイワ/12キャタリナ4500
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/フロロリーダー60lb
●タックル3
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR581S-4-5+シマノ/11オシアジガー1500HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・GソウルスーパージグマンX8PE2.5号
リーダー:サンライン/ナイロンリーダー50lb
●ヒットジグ:ネイチャーボーイズ/スイムバード170g(アルミシルバー)、激投ジグハイパー200g(ピンクグロー)

上州屋新盛岡店の関連記事リンクはこちら

迷走再びか?

20170819a.jpg
閖上広浦港(サイクリングにて)※自分の釣りとは全く無関係です


20170819b.jpg
広浦橋(サイクリングにて)


20170819c.jpg
広浦橋(サイクリングにて)


20170726a.jpg
大船渡沖(中深海釣りにて)


20170824b.jpg
男鹿入道沖(マダイジギングにて)

---

またまた久しぶりの更新になってしまいました。無事に生きてます(笑)

暑さには滅法弱い方なので釣りへのモチベーションは気温に反比例し減退の一途(苦笑)

それでもネット繋がりの方々からお誘いを受けて出撃してました。ご縁とは実にありがたいものです。

釣行ダイジェスト
●7月16日:三陸ショアジギング
同行者:みちのくジグリ隊(いちおう隊員か!?笑)
内容:大学時の先輩が率いるショアアングラー達が集うジグリ隊との牡鹿半島探索。強烈な藪漕ぎを強いられるも強引に突破。自分の体力に自信を持つことができたが、収穫はそれだけ(笑)。ジグリ隊には呆れられたかも!?
※画像はうっかり削除。

●7月22日:仙南サーフフィッシング
同行者::bleuさん(ふらっと「肴」釣り
内容:仙南サーフでご活躍の:bleuさんにお誘いを受け、小学生の頃に通いこんだ閖上での40年ぶりの釣り。いまだ震災の爪痕が随所に残る閖上。震災後はフラットフィッシュフィッシングのメッカとして一世風靡している。この日の釣果はなかったが、40年後にジグをキャストしてい事に感慨を持つ。広浦が名取川と遮断されていることにはビックリ!
※こちらの画像も削除してしまったが、再びサイクリングで再訪しアップ。

●7月26日:三陸沖中深海釣り
同行者:Uさん
内容:三陸青物ジギングの初挑戦時に偶然ご一緒だったUさん。その後もご一緒する機会があり、そのご縁で中深海のユメカサゴ釣りにお誘いを受ける。タックルは全て氏の物をお借りするという、まさにおんぶにだっこの釣り(笑)。貴重な経験をさせていただいた上に美味しい赤いお魚達を沢山いただきました!

●8月24日:男鹿沖マダイジギング
同行者:なし
内容:台風一過の爆釣を目論んで単独で男鹿にのり込むも不発。思い通りにならないから面白いのだと自分に言い聞かせている(笑)

---
例によって迷走気味の夏でしたが、昨日のマダイジギングをかわきりにシーズン後半のスタートです。
[ 2016/08/25 11:45 ] 名取から(雑感) | TB(-) | CM(2)

仙台うみの杜水族館

20160710a.jpg


20160710c.jpg


20160710h.jpg


20160710i.jpg


昨日は子供達と共にこの7月1日に開業1周年を迎えた仙台うみの杜水族館に行ってきました。

満1年で186万人の来場者を数えたそうで、この日もたくさんの家族連れで賑わっていましたが、定番のアシカ&イルカショーを見つつ、なんやかんやで2周回してしまいました(笑)

今度は平日に訪ねてゆっくりと見学しようと思います。





[ 2016/07/11 14:15 ] 名取から(雑感) | TB(-) | CM(2)

シーズン終了(2016サクラマス・その7)

3月からスタートした今年の河川のサクラマス釣行。

早いもので暦はすでに7月になってしまいました・・・

残雪が残る最上川を皮切りに、5月には秋田雄物川やその支流玉川に可能な限り足を運び、今年も運よくサクラマスに出会うことができました。今年は特に日本海側での遡上数が多かったようで、その恩恵で二日間で5ゲットした異例の出来事もありました(笑)


しかし、こうしてブログを綴っていると、むしろそんな出来事よりもあの時ああすれば、こうすれば等々、悔しい記憶の方が鮮明に蘇ってきます。実は6月中にも2度ほど玉川に向かいましたが、いずれもショートバイトのみで完封シャットアウト。魚居れども相手にされず状態でした。


「たら・れば」を言ったら全くキリがないのですが、きっとこの悔しさがまた来シーズンへのモチベーションになるのでしょうね(笑)


---

東北の自然の豊かさと笑顔で送り出してくれる家族に感謝しつつ、サクラマスのリリース動画をアップして締めくくりたいと思います。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。