8度目の挑戦にて(2017オフショア・その2)

今回は越喜来沖へブリ狙いのジギングに行っておりました。

昨年9月に参加した上州屋カップ以来ですから、ちょうど一年振りの挑戦です。その際は3kgのイナワラが3本と少々寂しい結果でしたが、今度は台風通過後の一発目の出船とあって期待は十分(笑)

20170921d.jpg

---(以下、釣行記)---

乗船した船は信頼の広進丸さん。5時30分、定刻通りに崎浜港を出船。

一か所目は首崎方面の水深約50-60mの浅場からスタート。

しばし反応がなく脚崎付近に移動。ここで同船の方にワラサがヒット。僕もとりあえず1尾をゲット。

ここから更に沖にでて水深は90-100mラインに。底潮が効いていてイイ感じ。

ジグをスイムライダー180gからブリスタイル200gにチェンジ。12月の象潟沖で手ごたえを得た信頼のジグだ。

ボトム付近に良型がいると信じ、ボトムから15mまでのレンジをややテンポの遅いワンピッチでねちっこくジャークを続けていると約10mレンジでフッとラインテンションが無くなる。

過去の食い上げバイトは良型ばかり。

自然に反応ができて合わせを入れるとズドンとストライク!

その重量感は、これは「ブリでしょ」レベル(笑)

10mほど巻き上げたところで、向こうの反撃が始まり下へ下へとドラグ3kg設定のラインが強烈に引き出される。

その様子を見て、船長が「止めなきゃ根ズレするよ」と心配してくれるが、簡単には止められない。

「かなりデカいよ」と言いたいのぐっとをこらえる(苦笑)

「8の字書いて上を向けて」の適切なアドバイスに、おもわずパパ大津留氏の姿が脳裏に浮かぶ・・・

にわか仕込みの「なんちゃって8の字」を試みながら、なんとかボトムの攻防を制す。

船底での最後の抵抗をかわし、無事ネットインしたのがこちら。

20170921b.jpg

船長は「アレっ、これはデカい」と、はやりヒットサイズをもう少し下に見たてていた様子(笑)

---

船長の慎重な検量の結果、94㎝9㎏。

いや~2012年の屈辱の初挑戦から6年目でようやく三陸のブリを手にすることができた。

ほぼ年一ペースで「8度目の正直」。

20170921c.jpg

というわけで、開始2時間後にブリをゲット。

その後、強烈な2枚潮を避けて移動した浅場でイナワラ~ワラサを5尾追加して終了。

---

余談だが、件の初挑戦時、音無しだった僕の傍らで次々にブリ・ワラサを上げていた方と一緒になった。実はこれで3度目(笑)。

初めて会った時は、腕の差を痛感したが、今回は同等以上の結果を得られた。

ブリはもちろんうれしいがそれ以上に腕の差が縮まっていたことの方が実はうれしかった。

koushinmaru07.jpg

この画像は、船長からの贈り物(笑)
ありがとう船長!

---フィッシングデータ---
日時:9月21日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温:18℃、波:1~1.5m、風:西
釣果:ブリ94㎝9㎏、ワラサ・イナワラ計7尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ4500
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/船ハリスフロロ14号
●タックル2
FCLLABO/FCB63Jig+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/船ハリスフロロ14号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル200g(アワビ風オールブラック)、激投ジグハイパー200g(ピンクグロー)、シーファルコン・Zスライドジグ180g (ピンクイワシ)

※関連エントリー
単独で出稽古
2015年最終釣行にて
[ 2017/09/24 22:03 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

三度目の正直!?(2017オフショア・その1)

先週は息子&釣友と3人で男鹿で真鯛ジギングを楽しんでおりました。

8月中に二度、荒天で出船がお流れになっていたので待望の出撃です。

20170908a.jpg

開始早々に大サバの反応があったものの本命真鯛からの反応が薄く同船のタイラバの方にも音無し。

ジギングに不慣れな息子が早めのワンピッチを繰り返していると50-60㎝のイナワラが連発します。

しばしそのリズムの継続が丁度良い練習に(笑)

20170908b.jpg

そうこうしていると真鯛タイムに突入。

息子が60㎝をゲット!

20170908c.jpg

まもなく僕にもヒットしますが、塩焼きサイズ(苦笑)

とりあえず目出度くダブルヒット!

20170908d.jpg

この日の中心サイズだった30-40㎝クラス。

ブルーのアイシャドーをまとった美形。

20170908e.jpg

息子はその後も絶好調で50-60クラスを連発!

これはこの日の船中最大魚(63㎝)

20170908f.jpg

沖上がり寸前には入れ食いモードに突入!

同船アングラーのロッドが一斉に曲がり、船頭さんも「なんてこっ鯛」と大忙しでした(笑)

久しぶりの大海原でリフレッシュできた一日になりました。
---フィッシングデータ---
日時:2017年9月8日 乗船時間9:00~17:00
場所:男鹿半島入道沖
釣船:北浦港「男鹿丸」
天候:晴れ、水温:不明、波:0.5m、風:不明
釣果:真鯛(63-30㎝)9尾、サバ(40cm)2尾、イナワラ2尾、カナガシラ他
●タックル1(僕)
シマノ/ゲーム・タイプスローJ・B683+シマノ/オシアコンクエスト300HG
ライン::YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンWX8PE1.5号
リーダー:トヨフロン/スーパー船ハリス8.0号
●タックル2(息子)
トップレンジ/レンジスティック69Bti+シマノ/オシアカルカッタ300HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・スーパージグマンWX8PE1.5号
リーダー:トヨフロン/スーパー船ハリス8.0号
●ヒットジグ:トップレンジ/タイメタル80g(グリーンゴールド)、ダイワ/TGベイト120g(FHカタクチ・PHグリーンゴールド)、ディープライナー/スパイⅤ130g(NSゼブラ)、シマノ/スティンガーバタフライウィング135g(アカキンゼブラグロー)

※関連エントリー>>>甥っ子の夏休み
[ 2017/09/16 08:32 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

釣らせてもらいました(2017ショアフィッシング・その1)

20170526a.jpg

先週の休日は、息子と山形の海岸線を歩いてきました。

今期サクラマスを本格的に始めた息子は、職場の友人と共にショアゲームにもはまりつつあります。

uz_20170427a.jpg

彼の初ジギングとなる酒田沖提での釣果。

こんなのが初挑戦で釣れたら「はまる」のも無理がありません(笑)

uz_20170523a.jpg

その後、地磯に場所を移して。

なんと同行の友人とトップ系のプラグでワラサが大爆釣だったとか。

そんな美味しいシーンに遭遇したことのない父親にとっては、半信半疑の出来事です。

サクラマス終盤の忙しい時期ですが、この目で確かめるべく実地調査と相成りました(笑)

---

前日の夕刻に現地入りして下見。

べた凪でベイトの気配も皆無。

用意してきた青物用トップ系プラグやシーバス用プラグを投じても無反応。

何だか「前回は良かったのに・・・」という釣りでは良くある話の展開です(笑)

20170526b.jpg

しかし、翌朝に息子の話の一端を垣間見ることに。

---

息子に一投目からバイトがあり、直後に65㎝のワラサをゲット。

ポジションチェンジをして僕にもすぐに61㎝。

この日も大爆釣か!?と多いに期待が高まりましたが、残念ながら反応はこれっきり(笑)

それでもベイトっ気がなく、潮もほとんど動いていない状況で、これはこれで十分の結果に思えます。

---

息子の横顔も「ほら、釣れるでしょ」といわんばかりに顔がほころんでいるようでした。

---フィッシングデータ---
日時:5月26日
場所:山形県地磯
天候:晴れ時々曇り
釣果:ワラサ61㎝(私)、65㎝(息子)、
●タックル1(私)
FCLLABO/UC11-2S+シマノ/07SWステラ5000HG
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン2号+サンライン/ナイロンショックリーダー40lb
使用ルアー:タックルハウス/K2F142/HGコノシロレッドベリー
●タックル2(息子)
FCLLABO/UC11+ダイワ/セルテートハイパーカスタム4000H-PE
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン2号+サンライン/ナイロンショックリーダー40lb
使用ルアー:タックルハウス/K2F142/HGコノシロレッドベリー
[ 2017/06/02 12:32 ] ソルトウォーター ショア | TB(-) | CM(2)

象潟沖へ再び(2016オフショア・その4)

12月20、26日の両日、象潟沖にて寒ブリ狙いのジギングに興じておりました。

実は能代沖(テリ場)ジギングの予約を何度か入れていましたが、ことごとく流れてしまい、10月の大船渡沖以来の青物ジギングになってしまいました。

お世話になったのは、昨年のクリスマスイブに自己記録となる11.5㎏を釣らせていただいた遊漁船Santaさん。(※関連エントリー>>>2015年最終釣行にて

「夢をもう一度」と今月になってからダメ元で3回予約入れたところ、この時期には珍しく2/3の高確率で出船できました(笑)

20161226a.jpg

さて、20日は釣座を決めるジャンケンでトップになり、選んだの右舷大ドモ。昨年も左舷大ドモでブリをゲットできたので、これ幸いと乗船しましたが、これが思わぬ誤算に。

この日は上潮は船尾後方に、底潮は船首前方にラインが入るいわゆる2枚潮。しかも右舷は風の影響か更にラインが船底に入る状況。気をつけていましたが私を含め周囲の2.人もスクリューにラインを喰われてしまいました。

そんなタフな状況でもクライマックス!?はありました・・・

ワンピッチで20回シャクッたところでラインテンションが緩みクンクンと軽くラインが引っ張られます。それはまるで誰かが刻むワンピッチのリズム。「お祭り」かと辺りを見渡しますがその様子もなし。「まさかヒット!?」と急いでテンションを取り戻すと3㎏設定のドラグからいきなりラインが引き出されました。その重量感からブリを確信しましたが時すでに遅し。2度目の突っ込みでラインテンションを失ってしまいました。

船長がいうように象潟沖は「0か100」。少ないチャンスを確実にものにしないと話にならないのですが、その千載一遇のチャンスを自分の判断ミスで逃してしまいました。思えば昨年のブリもいきなりの食い上げでした。バイトとお祭りの区別ができなかった自分の経験不足を痛感。その後は、なんとかワラサを1本ゲットでこの日は終了です(とほほ)

20161226b.jpg

翌釣行となる26日は右舷ミヨシから2番目に陣取りリベンジに燃えました。ミヨシのアングラーは一年前の釣行でも一緒だった方で、お互い夢をもう一度という立場で会話も弾みます(笑)

一流し目に右舷大ドモのアングラーが9㎏をゲット。幸先の良いスタートに船中盛り上がりました?が、その後はいつも象潟沖(笑)。


20161226c.jpg

沈黙の時間帯の後、ぽつり、ぽつりと8㎏クラスが上がりました。

前回は久々の釣りで昼前には腕や肩が痛みだし辛い釣りになってしまいましたが、この日は身体も慣れて順調です。磯のサラシゲームにも同じ事が言えますが、身体が慣れてきたころには毎年シーズンが終わってしまいます。オフの体力維持を本気で考え直さないといけない年齢になってます(笑)

20161226e.jpg
※この画像は遊漁船Santaのブログから転載させていただいました。

最後まで集中をきらすことなく一日を終えた結果です。

ブリならぬメタボなワラサですが、とことんやり尽くした結果なのでほぼ満足でした。

ブリよ再びの夢は、来年に持ち越しです。

20161226d.jpg


---フィッシングデータ---
日時:12月20日7:00~15:00
場所:象潟沖
釣船:象潟港「Santa」
天候:
釣果:ワラサ65㎝/3㎏クラス
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+13シマノ/ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/フロロリーダー60lb
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイルスピード200g(アワビ風オールブラック)

日時:12月20日7:00~14:00、
場所:象潟沖
釣船:象潟港「Santa」
天候:
釣果:ワラサ83㎝/6.7㎏
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+13シマノ/ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/フロロリーダー60lb
●ヒットジグ:ネイチャーボーイズ/スイムバード220g(キャスティング仙台南店オリジナルカラーいぶし銀)
[ 2016/12/28 13:07 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

後ろ髪を引かれる思い

54年ぶりに東京に11月の初雪が記録されたいうニュースが飛び交う頃、風雪波浪注意報が出ている秋田沿岸をさまよっていました。
前日までは小春日和の天気が続き、急な冷え込みによる水温低下はかなりのマイナス要因ですが、行ける時に行くしかありません。

冷たい外気を含んだサラシから逃れるように魚達が沖に出るまでが勝負と考えてました・・・

20161124c.jpg

予想通りというか、早い時間帯になんとか2コンタクトがあり1ゲット。

しかし、風雪が厳しくなると釣りも厳しくなってしまいました。

20161124b.jpg

とはいえ、こんな日でも釣りが出来さえすれば実は幸せだったりします(笑)

あきらめず雫石の友人とランガン。

20161124a.jpg

誰もいないだろうと想像してましたが、磯狂いの友人二人にも遭遇し、四人が一同に会するシーンも。

「条件が悪くとも波さえあれば希望が持てる」のは、磯アングラーの性でしょうか・・・

皆、相当狂ってます(笑)

20161124d.jpg


こちらは合同探索シーンです。

この頃には時折り雲間から青空も。

行きはよいよい帰りはなんとやらで老体には正直辛いですが、シーズン終盤の渾身の一尾を目指すとなると避けては通れません。

しかし、結局この日は、早々にヒットした一尾のみで終了。

---

翌日、午前中も友人と共に行動しましたが、この日もずっと無反応。解決の糸口すら見つけられずさまよい続けました。

友人とも別れを告げ、帰り際に一人気になる場所へ入磯。正真正銘のラストポイントです。

ここで、なんと20数時間ぶりのコンタクト。

このドラマティックな展開に「してやったり!」と思った瞬間、UCがひん曲がり、相当きつめのドラグがずるずると滑りだしました。

ここは左右に根が点在するスリット状の場所。それゆえに自由にラインを出されては勝負にならないのは百も承知。

何とか突っ込みを止めて、強引に浮かせようと必死に対応しましたが、全く主導権がとれないままに根に突っ込まれてしまいThe End

まさに完敗とはこの事。

天国から地獄のようなラストシーンになってしまいました。

20161124e.jpg

---後記---
あれから約1週間。しばらく最後の一尾の事が頭から離れなかった。一体どうやったら獲れていたのだろうかと・・・。もしもヒット直後から強引なファイトで頭をこちらに向かせていたら、またはセットの波がスズキを足元に押し込んでくれていたら、こちら側にも僅かに勝機はあったのかもしれない。でも、それは「たられば」や「たまたま」の話。散々考えたけれど、まともな答えはまだ見つかっていない。今のところ言えるのは、こちらの想定をはるかに超える魚が確実に存在したという事と、そんな魚を手中にするのはちょっとした「運」も必要なのかもしれないという事。結局、運任せかよと失笑されそうだが、先日の魚に対峙して僕は実感した。おのれの力だけではどうにもならない事があることを。
そして、最後にもう一つ言えるのは、僕は本当に磯のサラシゲームが好きなんだなって事。磯を歩き回り、崖を上り下りしてビッグフィッシュとのコンタクトを求めるこのスタイルが楽しくて仕方がない。ただ単にスズキを狙うだけなら、もっと楽で効率的な方法は他にもたくさんある。けれども、僕は体力が続く限りこのスタイルを変えることなく磯をさまよっていることだろう。
[ 2016/11/30 16:25 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(0)