岩手山南麓の雲海 (その1)

20130909a.jpg
雫石盆地を見下ろして


20130909b.jpg
町の中心地方面


20130909c.jpg
七ツ森を望む


20130909d.jpg
更にアップで




今朝は久々の晴天でした。

外を見渡すと狭いながらも雲海が広がっていたので、見晴らしの良い近くのスキーの駐車場に行って雲の上の気分を満喫(笑)。冬は人の住むところじゃないと揶揄される当地ですが、たまにはこんな気分も味わえるのです。

もちろんカメラも携えていたのですぐに朝飯前の撮影を開始です。

もっとダイナミックに切り取ってみたいところですが、X20の望遠端112mmではこれが限界でした。ちなみに最後のカットだけはデジタル処理による超解像ズーム(2倍)です。112mm×2で224mmということになります。(※35mm判換算)

なんだか眠たい画像ですね。「超解像」もこれが限界のようです(笑)

---

これからの秋から初冬にかけては、雲海シーズンでもあります。シリーズ化して撮影してみようと目論んでますが、そんなことをしていると抜けの良い望遠レンズとそれを操るボディが欲しくなってしまいますね(苦笑)
Fujifilm X20
[ 2013/09/09 20:25 ] 写真(岩手山周辺の景色) | TB(-) | CM(0)

8月の空

201308022c.jpg


201308022d.jpg


201308022a.jpg


201308018a.jpg


201308022b.jpg


タイトルは「8月の空」ですが、先のエントリーでお伝えした通り、お盆以降は真夏の天気に少しずつ秋の空気が感じられるようになりました。ヒマワリの背景には沸き立つ入道雲がお似合いだと思うのですが、もう秋の空ですね(笑)。

甲子園の熱戦も前橋育英高校の初優勝で幕を閉じました。今大会は東北勢の健闘が光った大会だと思います。中でも花巻東の快進撃をささえた小さな2番打者の存在を忘れることはないでしょう。

泣くな千葉君。君のバッティングは決してバントじゃない。

[ 2013/08/22 16:13 ] 写真(岩手山周辺の景色) | TB(-) | CM(4)

偶然もまた楽し

201308015a.jpg


201308015b.jpg

車で移動中、偶然に若いカモシカに遭遇しました。

いつも側に置いていても苦にならないX-20の本領がこんな時に発揮されます。買って本当に良かった・・・(笑)

発売されたばかりのX-M1も気になるところですが、絞り込んだボディに対して、存在感が大きく感じるズームレンズが好みじゃありません。今のところX-M1の性能よりもX-20の機動性にメリットを感じてしまうので、どうやら触手は動かないようです。
with Fujifilm X-20 (※Photoshopで1対1にトリミング)
[ 2013/08/16 14:54 ] 写真(岩手山周辺の景色) | TB(-) | CM(2)

乳頭山と夕焼け空

20130727e.jpg

一昨日の夕刻に現れた夕焼け空です。秋田の乳頭山を左手に望んでの撮影です。
with Fujifilm X20 (※Photoshopでトリミング)
[ 2013/07/29 15:55 ] 写真(岩手山周辺の景色) | TB(-) | CM(2)

夏のスキー場

20130719a.jpg


20130719b.jpg


20130719c.jpg


20130719d.jpg


20130719e.jpg

道路が凍結している期間を除いて運動不足解消の目的で自転車に乗っています。家からスキー場までの往復6km区間がお決まりのコースです。まぁ距離は大したことはありませんが、平坦路は0%なので、それなりに負荷はかかります。有酸素運動なら平坦な道を長く走る方が良いのはわかっていても、そんな道はないので仕方がありません。

---

さて、あいかわらずの曇天続きの毎日ですが、昨日は画像2枚の場所に沢山の牛が放牧されていて、面白いシーンが撮れそうでした。しかし、スマホしか持ち合わせず後悔しきり・・・。

そこで柳の下の泥鰌を狙って、今日はX20を肩にぶら下げて家を出ましたが、残念ながら本日はお留守のようでした(笑)

収穫は自転車とカメラの相性の良さに気付いたことでしょうか。市街地を走ったら小回りが効いて楽しそうですね。
with Fujifilm X20
[ 2013/07/19 21:17 ] 写真(岩手山周辺の景色) | TB(-) | CM(2)