スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シーバス第9戦(男鹿半島)

今週も9・10日の正味1日半、男鹿磯に立ってきました。「毎週毎週よくもまぁ飽きもせず」とのご指摘を受けそうですが、前日に寒冷前線の通過で海がシケたためチャンスでした。その上、今回は父親に「ご近所さんの退院祝いをするので、1・2本釣ってくれ」との特命も受けていたので、大手を振っての出撃でした(笑)
分厚い塩瀬崎のサラシ
こちらは波が落ち始めた2日目の塩瀬崎の様子。波が落ちかけてもこれです(笑)。まるで九州か何処かのヒラスズキのメッカみたいですね。

さて初日、鵜ノ崎に到着直後は波高3m程の大荒れ状態。沖から自分の背丈よりも高い波が次々に打ち寄せてくるので、普段、立ち居地となるべき磯際に立つのは困難でした。こんな時は上の画像のような高磯狙いが無難ですが、平磯でもワンドの奥まった所にもサラシが生じるので、こう言った場所も要チェックです。

この日はそんなポイントの磯際からかなり離れたところに立って戦闘開始。13ftのロングロッドは必携です。それでも砕け散った波しぶきを頭からかぶり、時折りやってくる分厚い波に倒されまいと踏ん張りながらの釣りです。厳しい状況でしたが、ベイトが岸際に押し込まれているので、シーバスの回遊を期待しました。

果たして初日は平磯でバラシ1(友人が65サイズを1ゲット)、波が収束し始めた2日目には同じく平磯でマダイ1本、シーバス2本、バラシ1の結果に終わりました。

こちらはうれしい獲物。
マダイ54cm
この桜色の魚が釣れれば思わず目尻が下がります。これで父親にも大きな顔をして帰れます(笑)

さてマダイを釣った者に与えられる喜びの一つは、何といっても息を飲むような美しい魚体を目の当たりにすることが出来ることではないでしょうか。サクラマスを釣った時の感動にも似ています。意思を感じさせるコバルトブルーのアイシャドー、桜色に色づく背中にちりばめられた水色の斑点に、思わず目が釘付けになります。昨年に釣ったマダイはルアーを丸呑みしてし、残念ながらランディング直後に絶命(苦笑)。たちまち精気が失われてしまい、満足のいくマダイ画像を残すことができませんでしたが、一年後のこの日、ようやくマダイらしい画像を残すことが出来ました。
ショアマダイ
ぜひ画像をクリックし、フルサイズでご覧ください(笑)。

どうです?スーパーのお魚コーナーに置かれているマダイとは、別物に見えませんか。(まぁ、特にマダイに限ったことではなく、どの魚にも言えることですが・・・笑)

ところで昨年、マダイが釣れたのは10月18日。今年は10月10日。これは単なる偶然か、はたまた、10月中頃にマダイが平磯に近寄ってくる理由が何かあるのかもしれませんね。

さて、望外の出来事があった反面、本命シーバス狙いではラインブレイク藻に突っ込まれてナイスサイズを2本バラシてしまうという失態も演じてしまいました。特に自分自身、忌み嫌っているラインブレイクを2週連続で犯してしまい、これには少々落ち込みました。原因は使用していたリーダーの劣化であることが判明しました。リーダーケースに残っているリーダーを調べてみると、フロロ30lbにもかかわらず簡単に歯で噛み切れる程に強度が低下していました。釣行時の車内保管等で劣悪な環境にされされたりし、どうしても初期性能が維持出来ないのでしょう。消耗度の低いリーダーはシーズンをまたいで使用しがちですが、以外なところに落とし穴が潜んでいることを痛感!チャーマスの言葉「チャンスは少ない。点検は万全にやっておけ」が胸に突き刺さりました(苦笑)


---ヒットデータ1---
マダイ:54cm
日時:10月10日 6時00分
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:UFM/CPS-133EX-Ti
リール:ダイワ/セルテート3000
ライン:ファイヤーライン18lb+フロロリーダー30lb
ヒットルアー:DUO/プレスベイト105HD(レッドシャイナー)

---ヒットデータ2---
シーバス:61cm
日時:10月10日 7時30分
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:UFM/CPS-133EX-Ti
リール:ダイワ/セルテート3000
ライン:ファイヤーライン18lb+フロロリーダー30lb
ヒットルアー:エイムス/アローヘッド120F(マイワシ)

---ヒットデータ3---
シーバス:64cm
日時:10月10日 7時40分
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:UFM/CPS-133EX-Ti
リール:ダイワ/セルテート3000
ライン:ファイヤーライン18lb+フロロナイロンリーダー30lb
ヒットルアー:エイムス/アローヘッド120F(マイワシ)
[ 2007/10/11 16:34 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(4)

うむうむ、美しいマダイ様ですね。生きているとやはり良いもんですよね。自分自身魚を写真に撮る時にはなるべく水から長時間出さない、触れないを実践しておりますが、腕がね~(笑) 水中写真も楽しんだようでなによりです。

私も【チャンスは少ない、とっととルアー作れ】を教訓に頑張ります!
[ 2007/10/16 00:57 ] [ 編集 ]

720studio_wsさん ご覧いただきありがとうございます。
トラウトもそうですが、目にする魚の美しさを写真で切り取るって、本当に難しいですよね。ご指摘の通り、ダメージを与えないよう急ぎますし、私の場合、まぁこんなもんだろうっていうレベルです(苦笑)。その点、720studio_wsさんの画像には、いつも見とれています。
「チャンスは少ない、・・・」お互い頑張りましょう!
[ 2007/10/16 10:45 ] [ 編集 ]

おっやっぱり釣ってますな。
うまそう、いやあまそうな鯛ですなぁ
さぞうまかったでしょう。

わたしは作並みの熊と鮭採りです。
なんか、わたしも真鯛のほうがいいとおもった。みせつけられては・・・・
[ 2007/10/18 07:48 ] [ 編集 ]

猫田さん こんにちは
いや~美味かったですよ♪
狙って釣っているわけではないのですが、やはりマダイはうれしいもんです。

さて、私も2年前に鮭釣りに興じたことがありますが、そこは漁協によって管理された大きな生簀でした。ひざ下しかないような浅場でひしめき合っている鮭めがけて、寄ってたかってルアーやフライを投げ込むのですが、ほとんどはスレ掛りでした。猫田さんがブログで書かれているように、そこには釣り師としての誇り・魚への敬いが全く存在せず、ひどくつまらないモノに感じました。以来、鮭釣りには行ってません。
ブログを拝見して、月光川だったら少し違った印象を抱いたかもしれないと感じましたが、如何せん最初に行った場所が悪かった・・・(苦笑)
[ 2007/10/18 14:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/99-18a694f4











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。