シーバス第6戦(男鹿半島)

連休後、ぽっかりと時間が空いたので、25日の夜から26日の約一日半、男鹿磯に立っていました。波・風ともに条件が悪いのは承知の上でしたが、「可能な限り行動すべし」がモットーです(笑)

まず中秋の名月が煌々と照りつける25日夜は、迷わず先週の夕方に好結果だったサーフにむかいました。サヨリが接岸しているのできっと回遊があるはず、との目論見でしたが、これが全くの検討違い!(苦笑)。

北よりの出し風(陸から海に吹く風)にのってベイトが沖に散ってしまったのか、全く魚の気配がありません。偶然にも現場で出会った友人と合流後も粘りましたが二人ともノーバイト(友人はすでに80cm近いシーバスを近くのサーフで一本ぶち上げていたが・・・)。

翌朝、サーフに向かった友人と分かれてから、私は男鹿の南磯から西磯を転々と回遊。どこも波っけがなく気配は薄いのですが、ベタ凪時こそにできるのがウェーディングルートの開拓。荒れた時には見つけにくい隠れルートを何個か見つけました。

そして、こちらは磯瀬崎の沖根の様子。
塩瀬崎の沖根

岬の突端に位置するので、沖のウネリの影響で程良くサラシています。きっとシーバスも付いているものと思われますが、この画像はデジカメの望遠側で撮影したもので、実際には見た目以上に距離があります。ちなみにデジカメはおニューのμ770SWです。AV優先やS優先は無理なフルオートカメラですが(最初はびっくり)、お任せモードでもそこそこの写真を撮ってくれます。発色も悪くないですね。

では実際の距離感は、というとこんな具合です(笑)
塩瀬崎の沖根2

左下の岩に飛び移ったとしても(移動は可能)5~60m先。ぶっ飛びルアーでかろうじて届く距離です。狙い場所は正面の岩とその右横の岩とのわずかな隙間。ちょっとでもキャストがブレたらルアーロストは必至です。もっと波があれば沖根のこちら側が美味しいポイントになるはずですが、今回のような海が穏やかな日は、こういった危険なポイントもタイトに狙わなくてはなりません(笑)。しかし、私のキャスティング能力では、ルアーを岩の向こう側にキャストし岩の間を通すという芸当は無理でした。


さてさて本題ではありませんが、鵜ノ崎をうろついている途中、タイドプールでタコを発見!様々な保護色を駆使する変わり身の名人も、こいつはなんだか妙に目だっています(笑)。まるで降参の万歳ポーズみたいです。すかさずカメラを取り出しこのユーモラスな姿をパチリ。
鵜ノ崎で見つけたタコ

いっその事、初水中撮影に挑戦しようかと思案していると、タコは必至の遁走で海草の中に雲隠れ。タコのしたたかさにしてやられました(笑)。こうして唯一の獲物にも逃げられてストップフィッシング。

結局、今回の釣行はノーフィッシュで終了。まぁ、来るべき本番に備え、十分な下見とキャスティング練習ができたので良しとしましょう。
[ 2007/09/27 12:17 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(2)

さては、カメラを水の中に入れるという行為に躊躇しましたか?(笑)私も最初はかなりビビリが入りましたが、慣れてしまった今はふつ~にジャブジャブしてますよ~。次回はタコ水中動画期待しています!
[ 2007/09/28 23:38 ] [ 編集 ]

720studio_wsさん す・鋭い指摘!
そうなんです。水、しかも塩水ですから未だビビッてます(笑)。次回こそは・・・。
[ 2007/09/30 09:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/95-d028f611