ページワン

仕事柄、夏のお盆前後が一年で一番忙しく、久しぶりの更新になってしまいました。ようやくPCの前に腰をすえる時間が持てるようになりましたが、釣りはもうしばらく辛抱しなければならないようです。

さて唐突ですが(笑)、私が甲子園の熱戦(県立進学校の佐賀北の優勝は天晴れでした)を観戦しているそばで、夏休み中の子供達が親戚とトランプをしていました。

ページワンです。
トランプ


ナンヤカンヤと楽しそうにゲームに興じていましたが、彼らが発する「ページワン」「ノームサイ」にオヤッ?と聞き耳を立ててしまいました。

ゲーム中、ラスト2枚目のカードを切るときに宣言する「ページワン」はよいとして、上がり札を出すときに宣言する「ノームサイ」は何だか変です(笑)。子供の頃は、当たり前のように使っていたこの言葉に、とても違和感をおぼえました。

「ノームサイ」英語でもないし、いったいどんな意味があるのでしょう。もしかしたらラグビーの試合終了を告げる「ノーサイド」が訛ってしまった言葉かもしれないな、と考えつつ、「ページワン」をGoogleで検索してみました。

トップでヒットしたWikpediaを開いてみると、なかなか詳しく遊び方が書いてあります。

肝心な宣言文句ですが、まずは「ページワン」、ラストは「ストップ」とされています。やはり「ノームサイ」ではありません。

そして、ページの最後の注釈にはこう記されていました。

参考
東北地方(とくに宮城、福島)では、最後のカードを出す時に、「ノームサイ」と宣言する。

そうなんです。うちは親戚一同、皆「宮城」出身なんです(笑)

※ノームサイの語源をご存知の方がいたらご一報ください。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/92-80d55cbf