サクラマス第10戦(某河川)

レガシィの試乗ついでに、昨日の夕方、川に入りました。


(以下、釣行記)
現場についたのが18時近く。

広い流れを一流ししたくて選んだポイント。

瀬頭から瀬尻までは約100m。ここを一流し出来れば十分だ。

もの凄い数のトビケラが上流へと飛んでいる。

川面はいたって静か。でも魚はきっといるはず。

予定は一時間と短いが、この時間帯は気分が高揚する。フライフィッシングのイブニングライズに熱を上げていた頃を思い出す。

川はローウォーター。静かにウェーディングを開始し、ワンキャスト&ワンステップダウンで釣りくだる。

ルアーの通し方は、流速に同調させながら下流側にルアーをスウィングさせるイメージ。ウェットフライフィッシングと何ら変わらない。大きな違いは手にする道具とキャスティング動作くらいのもの。

瀬頭の白泡が消えるあたりに差し掛かった時、ルアーが押さえ込まれた。

型は小さそうだが、場荒れは避けたい。不用意に暴れさせないよう注意してランディング。
サクラマス 51cm
サイズは51cm。

幼い顔つきだが、薄っすらと婚姻色をまとっている。
サクラマスの背中
余談だが、私はサクラマスの背中が大好きだ(笑)。つい見とれてしまう。

撮影後、立派に世代を繋いでくれるよう願ってリリース。

まだ核心部はこれからだ。ラインをチェックして川に戻る。

ダウンクロスにキャストし、連続トゥウィッチで流れを斜めに切っていく。流れが開いていくあたりで再びバイト。

今度はこちらの意思に反して、派手なジャンプをして走りまわる。ドシャローにいる魚は元気だ。ある程度、水深のあるポイントだとランディングは以外と楽だが、どうしてもシャローだと魚が右に左に走り回ることが多い。

少々手こずって取り込んだ魚は49cm。先ほどの魚より体高がある。実際にパワフルだった。もしかしたらオスなのかもしれない。

瀬尻までもうワンチャンスある。

時間が惜しいので、撮影はせずに即リリース。

再び一定のリズムで瀬尻を目指す。しかし、その後は何事もなくタイムアップ。

・・・

自分の思い描いたとおりの釣りができた。

もう十分だ。

今期のサクラマスフィッシングは、これで終わりにしよう。

薄暗がりの林道を歩きながら一人そう思った。

---フィッシングデータ1---
サクラマス:51cm
日時:6月7日 18時15分
場所:某河川
ロッド:UFMウエダ/SLT-82H-Ti
リール:ダイワ/セルテート2500R
ライン:ファイヤーライン18lb+ナイロンリーダー20lb
ヒットルアー:ノースクラフト/ヴィクトリア(アカキン)

---フィッシングデータ2---
サクラマス:49cm
日時:6月7日 18時30分
場所:某河川
ロッド:UFMウエダ/SLT-82H-Ti
リール:ダイワ/セルテート2500R
ライン:ファイヤーライン18lb+ナイロンリーダー20lb
ヒットルアー:ノースクラフト/ヴィクトリア(アカキン)

いつのまにかポンポンと釣っているではないか。

うーむ。私にも分けてくれといいたいが、忙しく釣りにも満足にいけない状態です。私は。くそっいいなぁ。とおもうばかり。しかし、私もサクラマスの背中好きです。
[ 2007/06/26 04:59 ] [ 編集 ]

おかげさまで終盤に数を伸ばすことができました。なんとなくフライの経験が役立っていると感じるこの頃です。
ところで猫田さんも背中が好きですか。立派な魚の背中は見とれますよね(笑)
[ 2007/06/26 13:47 ] [ 編集 ]

はじめまして!!!

沿岸地方から遊びにきましたksf09と申します!
毎度のサクラマスのすごい釣果、尊敬しながら拝見してます!
無許可でしたがブログのお気に入り登録させていただきました!
これかちょくちょく遊びきますので、よろしくお願いします!!
[ 2008/01/26 15:26 ] [ 編集 ]

Re:はじめまして!!!

ksf09さん
コメントありがとうございます。私の場合、出撃のタイニングが良いのかもしれません。腕前はそんなに大したことはありませんよ(笑)。
ところで、すでに精力的に活動されているようですね。そのうち努力が報われる日が必ずくると思います。私も2月になったら活動を開始するつもりです。お互い頑張りましょう!
それでは気軽にまた遊びにきてください。
[ 2008/01/27 15:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/86-b3050e52