スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サクラマス第9戦(玉川)---3日目---

釣行記

6月3日 最終日
ラストチャンスのこの日は、なんとかK氏に釣っていただくことが目標である。場所は前日、私がバラシた場所に決定。日曜日と言うこともあり3時半に起床し川に入る。

まず、前の日、I氏に高反応だった小場所をチェック。ここでは反応が無く、すぐさま下のランに移動。瀬から瀬尻までの5~60m区間が核心部だ。真っ先にK氏に入っていただき、祈る思いで氏の釣りを見つめる。

慎重にウェーディングし、丁寧に釣りくだるが反応が無い。

時間がまだ早いか?

ここであきらめるのは早計なので、間を置いて再び叩いてもらう。トゥウィッチングに慣れないせいか、リズム&ストロークがもう一歩だ。ここで少しアドバイスするとリズムが良くなる。

来るか?・・・しかし反応が無い。

間を置いて私も叩いて見る。すでにK氏がミノーで2流しした後なので、スプーンをチョイス。

と、ここでK氏もいつの間にかスプーンをチェンジしていることに気付き、私は再度ミノーにチェンジ。

そして2投目、うまい具合に対岸のボサ下に入ったミノーがアクションしだした瞬間、ドン!と来た!

派手なファイトこそしないがが、とにかくもの凄い重量感だ。前日のバラシもあるので、慎重に寄せる。案の定、テールフック一本のフッキング。無茶は出来ない。タメにタメてネットインした瞬間、フックが外れた。

これなら砲弾サクラと呼べるだろう。
サクラマス62cm
サイズは62cm。
普段なら大喜びだが、今回ばかりは複雑な心境だ・・・。

日が射した事で朝一より活性が上がったのだろうか?。気まぐれなサクラマスの一面を見せられた思いがする。

その後は3人とも反応がなく、昼前には今回の玉川遠征を終えることになる。
玉川
最後に叩いたポイント。
あいかわらず良い流れだ!

余談だが、この近くで某メーカーのご一行に出会った。初めて玉川を訪れたという彼もしきりに「いい川だ。」と褒めていたのが印象的だった。

---フィッシングデータ---
サクラマス:62cm
日時:6月3日 6時00分
場所:玉川
ロッド:UFMウエダ/SLT-82H-Ti
リール:ダイワ/セルテート2500R
ライン:ファイヤーライン18lb+ナイロンリーダー20lb
ヒットルアー:ノースクラフト/ヴィクトリア(ヤマメ)

おぉ~60Upがでましたか~ナイスです。この時期ならまだまだ重さもあったのでは?
[ 2007/06/07 11:04 ] [ 編集 ]

全てが素晴らしいの一言に尽きますね。
美しい魚体と良い流れの川。
いつか私も・・(笑)
[ 2007/06/07 20:31 ] [ 編集 ]

なっ、ながれいし。
うーむ。すごすぎるな。おぬし。
なんか、私もあなたの腕をうれしく思います。
川も素敵そうだな。
やっぱり。とっても。
実は私は憂いの真っ只中です。
悲しいことに。
しかし、すごいぜ。ブラボー。

忘れていたことがありました。
近々頼まれていたことを遂行しますのでごめんしてけらっしゃい。
[ 2007/06/07 21:57 ] [ 編集 ]

> 720studio_wsさん こんにちは
この時期は、釣れる魚の個体差が大きいです。はっきりと婚姻色が出ているやつもいれば、まだまだフレッシュランのような銀ピカのやつもいます。また痩せ気味や太り気味もいて様々です。そうそうファイトも千差万別です(笑)

> kikouさん
ありがとうございます。玉川は子吉川や米代川と比較すると遡上数は少ないかもしれませんが、ロケーションの良さがそれを補って余りあると言う印象です。

> 猫田寅吉さん
フライの経験(釣れませんでしたが 苦笑)が役立っているように感じています。ダウン&アクロス、フライ(ルアー)先行のドリフト、ターンの演出などなどをルアー転向後も意識しています。
[ 2007/06/08 15:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/84-98abc372











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。