サクラマス第9戦(玉川)---初日---

サクラマス解禁を向かえた玉川を、1日から3日の朝までほっつき歩いてきました。

川の状況は例年の解禁日よりも水位が30cm程低く、ローウォーター気味。それでも昨年の低水温よりはよっぽどマシで、手ごたえを感じているシャロー狙いがはまり、今年も砲弾サクラに出会えました。

以下、釣行記です。


6月1日
前日、我が家に泊まった釣友K氏との前祝がたたり(苦笑)、家を出たのが4時半とかなり遅い出発になってしまった。道中、前泊していたO氏から捕獲情報が入電しテンションが上がる(笑)。

6時を過ぎた頃、川に到着。主要ポイントは既にたくさんの人出で賑わっている。上流側からラン&ガンするつもりだったが甘かった(苦笑)。解禁初日、しかも週末がらみだから仕方が無い。とりあえずO氏のところに向かいサクラマスを拝ませていただく。

そのO氏の厚意で下流側に2人で入らせていただいた。下流100m位に既に2人連れがいたが、まずはそこまで釣りくだれれば御の字だ。

やや遅れて入川すると先に入ったK氏の姿がない。(実はこの区間を見切って足早に釣りくだったそうだ 苦笑)。

とりあえず瀬の開きまでくだるが何事も無い。ここから下は更に流れが弱まり水深も1mあるかないかのシャロー。しかし、マズメ時にはこんな場所にも入っている事が多く、以外に竿抜けになっている可能性がある。

連続トゥウィッチでなるべく長い時間ルアーを見せるよう意識する。シャローといえど攻め方は、いつもとほぼ一緒だ。

扇状に移動してきたルアーが緩やかにターンしたところで、ドンドンと来た。
サクラマス52cm
サイズは52cm。
スレンダーなサクラマスだったがうれしい一本にはかわりはない。それと幸先の良いスタートが切れた事が大きい。

ルアーはファリーナ90S。シンキングだがトゥウィッチをかけた時はシャローをキビキビを泳いでくれる。お気に入りルアーの仲間入りを果たし、今期初シーバスももたらしてくれている。

その後は、朝一の釣りを終えた人が移動し空いた場所を探しながらK氏とのラン&ガン。

日中は好天で日差しが眩しい。ローウォーターでカンカン照りなので上流の瀬を中心に狙う。
玉川
まるで初夏の釣りの様。
去年の低水温を思えばまるで天国だ。

しかし強い日差しのせいか、既に叩かれているせいか、原因は分からないが、日中は魚の反応がないままイブニングタイムを向かえる。

再び朝一に釣ったポイントに戻る。過去の実績からいっても夕方はここを外せない(笑)。

すでに何人にも叩かれているはずだが、必ずサクラマスは入っているはずだ。まだ釣っていないK氏と後から合流したY氏の二人には、是非とも釣ってもらいたいのでシャローを強く薦めるが、本人たちは流れの効いた瀬を中心にやりたいと言う。

仕方なく私一人でシャローを釣りくだることに。

すると、やっぱり出ました・・・。
サクラマス56cm
今度は56cm。
サイズの割に体高があり、流芯で派手なジャンプをしたり、ドラグ音を響かせるダーボダッシュを繰り返して思う存分のファイトを楽しませてくれた。

残念ながら分かれた二人には反応が無かったらしい。朝夕のキーポイントはシャローであることを確信した。

おまけ画像は、例によってアンパンマン?(笑)
おまけです


---フィッシングデータ1---
サクラマス:52cm
日時:6月1日 7時30分
場所:玉川
ロッド:UFMウエダ/SLT-82H-Ti
リール:ダイワ/セルテート2500R
ライン:ファイヤーライン18lb+ナイロンリーダー20lb
ヒットルアー:アイマ/ファリーナ90S(ヤマメ)

---フィッシングデータ2---
サクラマス:56cm
日時:6月1日 17時30分
場所:玉川
ロッド:UFMウエダ/SLT-82H-Ti
リール:ダイワ/セルテート2500R
ライン:ファイヤーライン18lb+ナイロンリーダー20lb
ヒットルアー:ノースクラフト/ヴィクトリア(ヤマメ)

※画像のサムネイル表示が機能しないので、しばらくの間、元画像を400×300サイズでUPします。


                        ---続く---

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/82-965b55f9