サクラマス第6戦(追波川)

18日水曜日、例によって追波川の杭になってきました。

追波川のメインポイントは河口から近く、サクラマス遡上は潮汐の影響を受け、過去の実績からその多くは主に大潮のタイミングで差してくると考えられています。

特にベストタイミングは、大潮直後の中潮なんて真しやかにささやかれ、各言う私もそれを信じて疑いません(でした)。

今釣行の2日前には雨による増水があったばかりで、うまいことに丁度その水の引き際。さらには大潮の最終日、翌日はベストの中潮ですから期待度は最高潮に達しました。天は我に味方した!時は満たり!と鼻息を荒くして出撃(笑)

タイミング・水勢・水色は全て申し分なく、強いてマイナス要因を探すなら日中の最高気温が6・7度と花冷えだったことくらい。しかし、結果は無残なものでした。

あたりでは散発で釣れていましたが、ポイントも時間帯もまちまち。釣れた人は、スプーンやミノーのチョイ投げタダ引きばかりで何が良くて何が悪いのかさっぱり分かりません。

唯一つの共通点は殺気が感じられないということだけ(笑)。

仲間総勢7人で終日キャストを繰り返しましたが、やる気満々(殺気ムンムン)の我々は、結局、ノーバイト(苦笑)

翌19日も一日釣りに費やすつもりでいましたが、まるでくじ引きの様な釣りにすっかり疲れ果て(飲み過ぎという話もあるが)、朝の時合にチェックをいれただけで予定を切り上げ帰宅しました。

今回の収穫は、我々が考えている程、サクラマスの行動は単純じゃないということを思い知った事でしょうか。

いやはや、お粗末様でした。

殺気は出してナンボ

 殺気(闘気)を出さずに、釣り師はやってられません。魚が失神して浮かぶほどの闘気をまとって、挑みましょう!ラオウより
[ 2007/04/20 21:58 ] [ 編集 ]

ラオウ@nekokenさん
叱咤激励ありがとうございます。
さてご指摘の件ですが、我々から殺気を消し去る事は不可能だと思います。よってご心配にはおよびません(笑)
[ 2007/04/21 09:53 ] [ 編集 ]

先日はお世話様でした!
”TEAM BROOK”として結果は出せませんでしたが、SP師・NEKOKEN氏等とご一緒出来たことは個人的に非常に有意義でした!釣れない事が当たり前と言われている桜釣ですが、悔しいけれどそれを運とか偶然の釣りとは思いたく無いですよね!?特に追波桜は場所取り合戦や管釣的な変化なしの雰囲気の中での単調な釣業の繰り返しであり精神的ダメージをかなり受けます!!しかし、今回の釣行は結果は出せませんでしたが、単独釣行の多い自分として団体のアドバンテージを物凄く感じまた!!
これに懲りず、折角旗揚げした?”TEAM BROOK”で何とか桜(遅咲き?)を咲かせたいものです!
[ 2007/04/26 23:38 ] [ 編集 ]

OOTAさん コメントありがとうございます。

さて先日はお疲れ様でした。BROOKフィールド情報の常連であるOOTAさんのアグレッシブなフィッシングスタイルがとても刺激になりました。ところで追波川に通い出して4年目になりますが、今年はキツイですね(苦笑)。爆釣と言われた一昨年・昨年は、豊富な遡上量に助けられ?自分なりに思い描いた釣りでサクラマスに出会えましたが、今年は残念ながら通用しません。まだまだお魚任せです(笑)。
しかしご指摘のように、運任せでは出会いのチャンスは限られてくると考えてます。思い通りに行く事は稀ですが、出会いの数を確実に上げるにはどうしたら良いのか、日夜そればかりを考えてます(笑)。
追波川は終盤ですが、中・上流域はこれからが本番です。ぜひ会心の1本をぶち上げてください。

それでは今後ともよろしくお願いいたします♪
[ 2007/04/27 10:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/70-214805be