スパイラル

明日、4月1日をもって町内のスキー場は営業を終了します。長いようで短い冬がいよいよ終わりを告げ、本格的な春の到来を待つばかりです。

さて、今日は珍しく息子の話題です。

地元の中学校に通う息子は、スキー部に所属しています。12月以降、強化合宿、県スキー大会を初めとする各種大会、日々のトレーニング等々、結構、密なスケジュールをこなしていました。そんな部活動もいよいよ終盤です。

ちなみに今日、GSのレースがありましたが、今日も転倒!でした。実をいうと最重要視される1月の岩手県中学スキー大会で躓いたのが(GS・SLともに大失敗)したのが事の発端で、その後も本人の努力の甲斐なく失敗レースが続きました(苦笑)

初めのうちこそ、小さくまとまるよりは、攻めのスキーで失敗なら、それも致し方なしと高をくくっていましたが、失敗が続くとポイントも取れず、スタート順はどんどん下がる一方。いつしかデフレスパイラル状態に陥っていました(苦笑)

シーズン後半の成績は落ちるところまで落ちて最下位争いをしていました。

私の仕事が忙しく、レースに付き添えない事がほとんどでしたが、想像するに気持ちばかり焦って、アタックしすぎているのが一因のようです(もちろん技術の低さが一番の最大の原因でしょう)。滑走順が遅いのですからコース状態は最悪のはず。となると滑りも荒れたコースに対応した滑りが要求されるはず。きっとその辺りのサジ加減が苦手なのかもしれません。

例外なく常にフルアタック、それでいて何処か不器用(苦笑)。

いつか爆発してくれるのでは、と親バカは淡い期待を抱いていましたが、まったく光明がみえないまま、残りワンレース。

本人のやる気が消えていないことだけが救いです。

※すみません、悩める父親の愚痴でした(やれやれ)
[ 2007/03/31 15:50 ] 家族 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/66-cefe0c89