スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

数は出たけど(2017オフショア・その6)

例によってタイムラグが大きいブログです。記憶が曖昧にならないうちにアップしたいのですが・・・(笑)

今月13日は、今期5度目の越喜来沖青物ジギングにトライしておりました。

実をいうと秋田の友人に誘われて能代沖に出る予定もありましたが、3度の予約が全て悪天候で中止になっていました。三陸も能代もそれぞれの楽しみ方がありますが、晩秋の出船率の高さは太平洋側にあきらかに分がありますね。

---

お世話になったのは、いつもの広進丸さん。

開始早々、一流し目からヒットがありましたが、65㎝前後のイナワラでした。この時期にしては小さいサイズ。とりあえず一尾目ということもありキープして、次をねらいます。

しかし、その後が続かず、沈黙の時間帯が長く続きます。

船長も「反応が上ずらないから、厳しいね!」と一言(苦笑)

20171113a.jpg

そんな活性の低い状況で、なにやら重量感のあるサイズをヒットさせた釣友。

ブリクラスでも1㎜足りともラインを出さないガチンコ勝負師が何やら苦労しています。

20171113b.jpg

しばしの格闘の末、水面に現れたのは300gのスイムライダーが小さく見える特大のヒラメ(笑)

広進丸のレコードに迫る迫力のサイズでした。

前回のシャークアタックに続き、特大ヒラメをゲットするあたりは、流石に持ってますね(笑)

20171113c.jpg

一方の僕は、2~4kgサイズがボチボチと釣れ続きますが、サイズが伸びません。とは言え、活性が低い日の反応は素直にうれしいもの。何をやってもオーライの時とはまた別物です。この日は上へ上への誘いでは反応がなく、ボトムから15mまでのレンジをジグに横に飛ばすイメージで入力し、糸ふけを張らず緩めずの意識でヒットが続きました。

今期、活性の低い日に乗船することが多く、底べったりで動かない青物を何とか振り向かせるための引き出しは徐々に増えてはいるようです。サイズは伸びませんでしたが、終わってみれば今期2度目のトップになっていたのではないでしょうか・・・

何となく手応えを感じた一日になりました。
---フィッシングデータ---
日時:11月13日 乗船時間6:00~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:14℃、波:1m、風:-
釣果:ワラサ(65-78)8尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ5000
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラジグマンPE4号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル250g(オールシルバー)
[ 2017/11/25 18:43 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。