FC2ブログ




ジギング強化週間(2017オフショア・その3と4)

10月後半は、2週連続で越喜来沖のブリを狙っていました(笑)

この時期はやや深いレンジに落ちたブリ狙いに切り替わり、船長はいつものよりも港から遠いポイント(根)へ船を走らせ集中的に攻めてくれます。僕も10㎏オーバーに手が届くのではないかと勝手に妄想してます。

20171013b.jpg

この日はサクラマス・磯スズキで行動を共にしてきた友人のオフショアデビューの日でもありました。

---

アカデミックな仕事にかかわる彼は、さすがに事前準備とイメトレを怠りなく、難なくデビューを果たしご覧の通り(笑)

前半こそジグを動かし切れていないなという印象でしたが、後半にはしっかりとアジャストし、スピンライダーショートとウイグルライダーで良型を連発。すっかり鈴木斉氏になりきっていました(笑)

20171013c.jpg

今週は単独で予約を入れたそうで、また一人、オフショア仲間の輪が広がりました。

輪といえば、僕の三陸デビュー戦で、散々だった僕の傍らで爆釣していたアングラーとも、その後、何度かお会いしている内にブリへの熱い想いで共感。連絡を取り合ってこの日の釣行を実現させたのです。

中深海の釣りを志向し、ジギングにおいてもロングジグハイピッチを貫き通す姿は、20代半ばにもかかわらず、すでに風格さえ(笑)

オフショア歴の浅い僕が言うのも何ですが、これからが楽しみな好漢です。

---

20171013f.jpg

6日後、その彼と再びブリに挑戦しました(笑)

が、この日は底潮がはしらず、ベイトの姿も皆無。

青物達の活性も著しく低く、底べったりで動かず。

こんな日はスピニングのハイピッチでは分が悪いと承知の上で、二人でハイピッチを押し通しました。

釣果を優先すると決して得策とはいえませんが、それよりも自分の好きなスタイルでブリを狙いたいという思いは二人とも共通なのです。

---

結局、貧果に終わりましたが、ハイピッチで押し切る体力だけは身に付いたようで、これはこれで大きな収穫です。11・12月の寒ブリ狙いには光明です。

そういえば、春から悩まされていた五十肩もだいぶ症状が和らいできたような気がします・・・(笑)

20171019a.jpg


---フィッシングデータ---
日時:10月13日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:雨のち曇り、水温:18℃、波:1m、風:不明
釣果:ワラサ計4尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ4500
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
FCLLABO/FCB63Jig+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●ヒットジグ:シーファルコン・Zスライドジグ180g (ピンクイワシ)、ネイチャーボーイズ・スイムライダーショート175g(アルミシルバー)

---フィッシングデータ---
日時:10月19日 乗船時間5:30~13:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:曇り、水温:17℃、波:1m、風:南
釣果:ワラサ、イナワラ計2尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ4500
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●タックル2
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR631S-5+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:ダイワ/Dフロン船ハリス18号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル200g(アワビ風オールブラック)、ネイチャーボーイズ・スイムライダーショート205g(グローヘッド)
[ 2017/10/22 18:10 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する