FC2ブログ




8度目の挑戦にて(2017オフショア・その2)

今回は越喜来沖へブリ狙いのジギングに行っておりました。

昨年9月に参加した上州屋カップ以来ですから、ちょうど一年振りの挑戦です。その際は3kgのイナワラが3本と少々寂しい結果でしたが、今度は台風通過後の一発目の出船とあって期待は十分(笑)

20170921d.jpg

---(以下、釣行記)---

乗船した船は信頼の広進丸さん。5時30分、定刻通りに崎浜港を出船。

一か所目は首崎方面の水深約50-60mの浅場からスタート。

しばし反応がなく脚崎付近に移動。ここで同船の方にワラサがヒット。僕もとりあえず1尾をゲット。

ここから更に沖にでて水深は90-100mラインに。底潮が効いていてイイ感じ。

ジグをスイムライダー180gからブリスタイル200gにチェンジ。12月の象潟沖で手ごたえを得た信頼のジグだ。

ボトム付近に良型がいると信じ、ボトムから15mまでのレンジをややテンポの遅いワンピッチでねちっこくジャークを続けていると約10mレンジでフッとラインテンションが無くなる。

過去の食い上げバイトは良型ばかり。

自然に反応ができて合わせを入れるとズドンとストライク!

その重量感は、これは「ブリでしょ」レベル(笑)

10mほど巻き上げたところで、向こうの反撃が始まり下へ下へとドラグ3kg設定のラインが強烈に引き出される。

その様子を見て、船長が「止めなきゃ根ズレするよ」と心配してくれるが、簡単には止められない。

「かなりデカいよ」と言いたいのぐっとをこらえる(苦笑)

「8の字書いて上を向けて」の適切なアドバイスに、おもわずパパ大津留氏の姿が脳裏に浮かぶ・・・

にわか仕込みの「なんちゃって8の字」を試みながら、なんとかボトムの攻防を制す。

船底での最後の抵抗をかわし、無事ネットインしたのがこちら。

20170921b.jpg

船長は「アレっ、これはデカい」と、はやりヒットサイズをもう少し下に見たてていた様子(笑)

---

船長の慎重な検量の結果、94㎝9㎏。

いや~2012年の屈辱の初挑戦から6年目でようやく三陸のブリを手にすることができた。

ほぼ年一ペースで「8度目の正直」。

20170921c.jpg

というわけで、開始2時間後にブリをゲット。

その後、強烈な2枚潮を避けて移動した浅場でイナワラ~ワラサを5尾追加して終了。

---

余談だが、件の初挑戦時、音無しだった僕の傍らで次々にブリ・ワラサを上げていた方と一緒になった。実はこれで3度目(笑)。

初めて会った時は、腕の差を痛感したが、今回は同等以上の結果を得られた。

ブリはもちろんうれしいがそれ以上に腕の差が縮まっていたことの方が実はうれしかった。

koushinmaru07.jpg

この画像は、船長からの贈り物(笑)
ありがとう船長!

---フィッシングデータ---
日時:9月21日 乗船時間5:30~12:30
場所:越喜来沖
釣船:崎浜港「広進丸」
天候:晴れ、水温:18℃、波:1~1.5m、風:西
釣果:ブリ94㎝9㎏、ワラサ・イナワラ計7尾
●タックル1
テンリュウ/ジグザム・ディープライダーJDR561S-6K+ダイワ/12キャタリナ4500
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/船ハリスフロロ14号
●タックル2
FCLLABO/FCB63Jig+ シマノ/13ステラSW8000HG
ライン:YGKよつあみ/ガリス・ウルトラ2ジグマンWX8PE3号
リーダー:サンライン/船ハリスフロロ14号
●ヒットジグ:トップレンジ/ブリスタイル200g(アワビ風オールブラック)、激投ジグハイパー200g(ピンクグロー)、シーファルコン・Zスライドジグ180g (ピンクイワシ)

※関連エントリー
単独で出稽古
2015年最終釣行にて
[ 2017/09/24 22:03 ] ソルトウォーター オフショア | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する