10年振りに(2017サクラマス・その3)

ゴールデンウィークの前半は、息子と秋田玉川を歩いておりました。

最後に息子と玉川を訪れたのは彼が中2の頃なので、実に10年振りです。その間にはご多聞にもれずいろいろとあったので感慨深いものがあります。

20170502a.jpg

朝靄に包まれてのスタート。

秋田は田園の一角に墓が多いです。ここもサクラの木を囲むように墓石が建立されてました。

20170502b.jpg

釣りの前に目に留まった蜘蛛の巣。

特に深い意味はありませんが、サクラマスは僕らの「ネット」に収まってくれるのでしょうか(笑)

20170502c.jpg

水量は平水プラス20㎝程。

やや高めですが、釣りに支障はありませんでした。

20170502d.jpg

靄が消えるとブルースカイ。

水況はまずまずでしたが、サクラマスからの反応がないまま時間は経過。

それでもこんな空の下で釣りができるのですから気分は爽快です。

20170502e.jpg

土手のスイレンが満開です。

撮影し忘れましたが、ソメイヨシノも満開でした。岸際には桜の花びらが流れ着いてなかなかの風情。そんな場所でサクラマスの写真を撮りたいところでしたが、世の中そんなに甘く無し(笑)

20170502f.jpg

周囲の景観にカメラを向けている親父と違って息子は最後の最後まで釣りに集中していました。

何時サクラマスが来てもおかしくない釣りをしていましたが、残念ながらこの日は終始反応無し。とことこやり切ったので良しとしましょう。

いつかこの日の苦労が報われることでしょう。

20170502g.jpg

日没間際に我々と合流予定の友人が時間調整のために入った場所で一投でサクラマスを仕留めました。

まさにこの釣りを象徴するような結末でした(笑)
[ 2017/05/06 08:25 ] フレッシュウォーター サクラマス | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する