渇水の5月最終週 (2016サクラマス・その6)

自営の頃は自分の仕事に支障をきたさない範囲で、なるべく良いタイミングを見計らい出撃していました。今、思えば条件の良い日に釣りができたのですから贅沢な話です(笑)

サラリーマンアングラーになって2シーズン目。

当たり前の話ですが、現在は決められた休日にしか釣りができません。釣りに行けても条件があまりよろしくないはいつもの事で、待ちにまった釣行日に大荒れになり計画そのものが台無しになることもしばしば。そんな時には自分のタイミングの悪さを恨めしく思うこともありますが、狙いの魚を手にした時の喜びは依然よりも格段に増しています。

釣りに行ける環境と自由に行かせてくれる家族に感謝しつつ、限られた時間を精一杯楽しみながらやってます。

20160529ee.jpg

さて、5月最終週となったこの日もご覧の通りの超渇水。

ハードルはかなり高いです(笑)。

いつもなら渡渉が困難な流れも、余裕で渡れるのですから移動しない手はありません。疲れますが、川を通しでランガンする良い機会でもあります。

かと言って、現実はそう甘くはなく、予想外の場所で爆釣!なんてことには滅多になりません。

前回の釣りは異例中の異例です(笑)

20160529cc.jpg

ここぞと思えるポイントでヒットしたカワムツ君。

鮎の放流に混入した国内移植魚で、かなり生息数は増えているようです。事の良し悪しは別として、結構、アグレッシブにスプーンにアタックしてくるのでスプーンの流し方の良し悪しの判断材料になります。

20160529aa.jpg

対岸のボサ下のシェイドにスプーンを落とし込み、フォール&リフトでカワムツとたわむれていたら、いきなり本命がきました(笑)

早期なら本命ポイントに小魚がいると狙いの鱒は不在だと判断されますが、シーズン終盤の渇水期になると住み分けは厳しくなるのかカワムツとサクラマスのポイントは微妙にリンクしているようです。

20160529bb.jpg

シーズンも後半に差し掛かり、すでにサクラマスも夏の装い。

うっすらとサクラ色です。

20160529dd.jpg

ついつい見とれてしまいますが、これから次世代をづなぐ大仕事が残っているサクラマス。おいぼれ釣り師を喜ばせてくれたことに感謝してリリース。元気に流れに戻っていきました。

P5290502ff.jpg

こちらはおまけ画像(笑)。

単独の釣行が多く、魚を横たえた画像ばかりでしたが、今回は先行していた友人のフライマンと合流していたので、リクエストして物持ちを撮ってもらいました。良い写真をありがとう!

Facebookのプロフィール画像にも使ってます(笑)

---ヒットデータ---
日時:5月29日
場所:秋田県大本流支流
天候:曇りのち晴れ
気温:12~27℃、水温:-℃
釣果:サクラマス65㎝
ロッド:UFMウエダ/SLT-82H-Ti
リール:ダイワ/10セルテート2500R
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン1.2号+バリバス/ナイロンショックリーダー20lb
ヒットルアー:ブルックスプーン4.2g(ワカサギ)
[ 2016/06/06 08:20 ] フレッシュウォーター サクラマス | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する