時にはこんなことも:第一部 (2016サクラマス・その4)

今月の中旬は2度目の秋田へのサクラマス釣行でした。

前回は冷たい雨に打たれての厳しい釣りになりましたが、今回は如何に。

---以下、釣行記です---

20160516f.jpg

穏やかな一日を予想させてくれる朝焼けを見やりながら気になるポイントを目指す。

川は増水から平水に戻ったばかりでタイミングは申し分ない。心配していた代掻きの濁りも今のところない。

---

手始めにシャローミノーを選択し慎重に釣り下るが反応がない。

魚がいないはずがないと考え、MDでレンジを下げて再び釣り下るが結果は同じ。

ふと、仲間がスプーンで結果を出していることを思い出し、スプーンにチェンジして3流し目にトライ。

15gのブルックスプーンからキャストをするが流速が緩いトロ瀬なので流れを掴ませようとするとミノーイングと変わらぬスピードとトレースコースになってしまう。徐々にウェイトを下げ、出来るだけ流れに同調させることとサクラマスが定位するレンジを意識する。

朝日が川面を照らし始め、サクラマスがいたら水中で煌くスプーンに気づくはず。とそんなことを考えながらスプーンをドリフトさせる。

と、いきなりのハードバイト。

20160516a.jpg


やはり魚はいた。

厳つい顔をした58㎝だった。

解禁から1ヶ月半。散々ミノーで叩かれまくり、それなにスレていることは想像に難くないが、これほどにも結果が違うものなのかと愕然とする。

---

写真撮影しリリース。

再びキャストを開始するとまたもや数投で「ドン!」

20160516b.jpg

今度は60㎝。

今回のサクラマス釣行用に手にいれた中古のCPSがはやり良い仕事をしてくれている。

20160516c.jpg

お次は50㎝。

全て右側の蝶番にしっかりとフックアップ。

目の前をゆっくりと流れを横切るスプーンを追尾。ターンの瞬間に思わずバイト。そんなところだろうか。

---

滅多にないお祭りのような釣りに心が躍っていた。

その一方、もしミノーイングでいつものようにテンポ良く釣り下っていたら、更にこれまでにどれだけの数の魚を見逃してきたのか、と過去を思い起こしている自分がいた。

---

兎にも角にもこれで引き出しが一つ追加された。

一段落したころには日が昇り、懸念していた濁りが入り始めた。

遅く合流した友人と場所を大きく変えて、足を踏み入れたことのないエリアを探索。

夜は単独で釣行していた社長とも合流。

いつもの居酒屋で宴となり、いろいろと収穫の多い一日が更けていった。 

---第二部に続く---

---ヒットデータ---
日時:5月16日
場所:秋田県大本流支流
天候:晴天
気温:12~22℃、水温:-℃
釣果:サクラマス58cm、60㎝、50㎝
ロッド:UFMウエダ/CPS-892FX-Ti
リール:ダイワ/10セルテート2500R
ライン:バークレイ/スーパーファイヤーライン1.2号+バリバス/シーバスショックリーダー(フロロ)20LB
ヒットルアー:ブルックスプーン7g(ブラックアワビ)、6.8g(アクアマリン)
[ 2016/05/27 07:39 ] フレッシュウォーター サクラマス | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する