川で見かけた物

雄物川からの帰路、玉川の要所を偵察しました。

この画像は玉川松倉堰堤付近の様子です。
松倉堰堤下流の様子
玉川一・二を競う人気ポイントに重機が入っていました。

どうやら川岸に公園を作っているようです。例によって親水公園と呼ぶのでしょうか。水に親しむのならありのままの川の姿で良いと思うのですが・・・。

名称はともかく河川行政に携わるお役人達は、どうしてこういった陳腐な建造物を平気で造ってしまうのか、私には未だに理解出来ません。

それに大増水したら無事ではすまないだろうと、つい余計な心配までしてしまいました(笑)

そういえば我が岩手山の登山道にも、数年前、とても似つかわしくない立派な階段が造られたました。この時、地元の自然保護団体に噛みつかれたお役人の言い分が「身体の弱い人にも自然に親しんでもらため」だったことを思い出しました。生活圏内のバリアフリー化にはもちろん賛成ですが、自然環境に手を加えてしまう行為は、常に慎重であらねばならないと感じます。

ちなみにその登山道は、昨年の8/18に発生した土石流で閉鎖されてます。おそらく件の階段も、跡形も無く消え去ったことでしょう。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/56-cd6fd5d6