解禁初日は(2016サクラマス・その1)

20160304a.jpg


20160304b.jpg

一足早く解禁していた追波川(他は詳しく知りません)を除く、宮城県の内水面の河川が1日に解禁を迎えました。

30数年前の自分なら解禁日を指折り数えて待ち望んでいたもんですが、今はそんな心持ちにはほとんどなりません。

しかし、シーズンが始まるという節目をむかえると、これからのシーズンがいかなるものになるか、または、すべきかと老アングラーでも想いはいろいろと巡るもんです。

そんな僕の内水面の釣りのメインターゲットは、やはりサクラマス。

ジギングで海サクラマスも狙ってますが、自分にとって河川のサクラマスと海のサクラマスは同じ魚種でありながら、位置づけは完全に別物。それぞれのステージでこの好敵手に真摯に向き合いたいと考えてます。

---

で、前置きが長くなりましたが、自分の解禁初日となる3月4日は画像の七ヶ宿ダムで迎えました。岩手に移り住む前には想像もできなかったことですが、現在、七ヶ宿ダムでは湖産のサクラマスが狙えるフィールドとして名が知れています。解禁当初には60㎝のサクラマスも上がったとか。

---

残念ながら、自分はこの日ボウズでした。

まずもって、第一印象は手ごわいの一言。

甘くないと分かっていましたが相当です。急峻な地形が多いので、「水量次第」でポイントとオンシーズンが大きく制限されるフィールドのようです。いろいろな意味で時間は少ないのですが(笑)、これから少しずつピースをつなぎあわせてパズルを完成させてみたいと考えてます。
[ 2016/03/05 18:51 ] フレッシュウォーター サクラマス | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する