2シーズンぶりに(2015スズキ・その3)

20151110-1.jpg

昨年の秋は転職と引っ越しが重なり、釣りどころではありませんでした。そんな訳で様々な釣りの中でも一番燃える(笑)、秋のサラシゲームはやれず終いでした。

---

激動の引っ越しを経てほぼ一年となる先週の9日、2シーズンぶりに男鹿磯に立つことができました。

序盤は波1m前後でベストの状態ではありませんが、要所要所には沖からのウネリが生み出すサラシが形成されていました。

思わず身震いします。

20151110-2.jpg

サラシの薄いシャローは捨て、ウネリの影響を受けやすい外洋に面する岬状の磯を叩き歩くことで同行した友人と意見が一致。

沖根のサラシ狙いで遠投。横からの流れに乗せ、ミノーがサラシを横切る形でドリフトすると早速、結果がでました。

何年経ってもシーズン最初の一尾はうれしいもんですが、今回はまた格別です。

20151110-3.jpg

午後からのエントリーだったので、磯を2・3移動するとあっという間に夕暮れがせまります。

最終エントリーのポイントでミノーを引っ手繰っていったのは、赤い彗星!

まぁ、良しとしましょう(笑)

---

その後はナイトはやらずに早々に撤収。

「温浴ランド」で冷えた身体を温めた後、船川の「養老の滝」で友人と久々の出会いに乾杯!

20151110-4.jpg

翌朝は、波は2m前後。

寝ている間に北西の風が強まり、波高も高まっていましたが、ガチャガチャ波です。

ワンドの奥で向かい風に負けじとキャストを繰り返していると、沖合で鳥山が発生!


20151110-5.jpg

これはしめしめと期待が高まりますが、これが近づきそうでなかなかこちらに近づかない。一方、岬に陣取った友人のロッドは大きく曲がること数回。もどかしい状況です。

ミノーからジグにチェンジし遠投するとスズキがヒット。こちらは鳥山とはあまり関係が無いようです(笑)。

慌てて撮影を済ませ、岬へ小走りに移動します。

20151110-6.jpg

岬の先端に立つと幸い鳥山はまだ移動せず、目の前で賑わっています。

トップゲームなら千載一遇のチャンスですが、持ち合わせがないので、そのままジグをキャスト。

フォールからの立ち上げですぐに反応がありました。

おそらくイナダだろうとなめていると、これがなかなか手ごわい。

磯際で強烈に下へと突っ込みます。思わずバットエンドを腰に当ててリフティング。ショアでは初めての動作です(笑)。

磯際のスリリングな攻防を楽ませてくれたのは、丸々と太った60㎝クラスのイナワラ。タイドプールに離し、ゲームを再開するとすぐに反応が。同じクラスのイナワラでした。

この2尾目を釣り上げたところで、鳥山は沖へと移動。朝マヅメの一時のお祭りでした。今後はトップ用プラグを持ち歩くべきですね。

---

一方の友人は、4尾ヒットさせたものの、磯際の攻防で敗北し、ブレイクやらバラシやらで結局ノーフィッシュとの事。たいそう悔しがっていました(笑)

20151110-7.jpg

プライムタイムの後は、沈黙の時間が続きました。

こんな時は、新規開拓かエリアチェンジ。友人が温めていたポイントに案内してくれることになりました。

---

恒例(高齢?)のトレッキング開始です(笑)

木々は落葉し、ご覧の通り山肌はすかすか。藪に覆われている季節とは、うって変わり歩きやすくなっています。それでも決して楽なアプローチではありません。

まぁ、これも磯ゲームの一つ。

20151110-8.jpg

以前は同行が多かった二人。僕が岩手を離れてから単独で開拓を進めていた友人は、更なるポイント開拓を成し遂げていました。

天晴れです!

この日、たまたま結果は出ませんでしたが、新規ポイントを紹介してくれた友人には深く感謝です。

20151110-9.jpg


--フィッシングデータ---
日時:11月9・10日
場所:秋田県男鹿半島地磯
天候:曇り時々雨、水温:17℃
釣果:スズキ2・イナワラ2・マダイ1
●タックル1
FCLLABO/UC11-2S+シマノ/07ステラSW5000XG
ライン:バークレー・スーパーファイヤーライン2号
リーダー:サンライン/ナイロンリーダー40lb
●ヒットルアー:ダイワ/ショアラインシャイナーZ 125S-DR(ゴールドレインボー)、ダミキジャパン/バックドロップキャスティング40g(ムラアカキン)
[ 2015/11/14 10:36 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する