スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名取川に沿って

20141209e.jpg


20141209b.jpg


20141209a.jpg


20141209c.jpg


昨日はマウンテンバイク(MTB)フリークのMy Bossに誘われてオフロードサイクリング(←こう呼ぶのか疑問ですが)をしてきました。場所は名取川の河川敷。MTBはご用意してもらいました。

---

堤防上の舗装道路を河川敷内に下ると予想外にラフロードが張り巡らされています。MTBのパフォーマンスに助けられつつ、轍のぬかるみや砂利道を走行するうちにあっという間に目的地の閖上に到着してしまいました。

閖上といえば今更僕が言うまでもなく、東日本大震災後の大津波によって壊滅的な被害にあった被災地としてご存知の方も多いと思います。

実は閖上は同じ名取に住んでいたこともあり、幼い頃に自転車を走らせて通った自分の釣りの原点でもあります。名取に戻った今、目を背けることなく向き合おうと秘かに覚悟を決めていました。が、被害の大きさは僕の想像をはるかに超えていました。

原風景のはずの場所は、未だ通行止めで近寄ることすらできませんでした。更に立ち寄った閖上中学校では動揺をおさえきれず涙がこみ上げてきました。

これ以上、陳腐な言葉は必要ないでしょう。僕の感じたことは、2つめの画像に込めたつもりです。

---

心を震わせた後、堤防の土手の上をぼんやりとペダルを漕いでいた帰路、高校時代に足繁く通った野池が偶然に目に飛び込んできました。今でこそ池の周りには「私有地・立入禁止」の看板が立てられ綺麗に整地されていますが、当時は葦に囲まれた野趣たっぷりの池でした。ここで地元の親父達に囲まれながらヘラブナ釣りの修行!?をしていた頃を懐かしく思い出しました。


自然の猛威と時に流れを肌で感じることができたサイクリングをセッティングしてくれたBOSSに感謝です。
[ 2014/12/10 18:33 ] サイクリング | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。