スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

天然クーラー

20140805a.jpg


20140805b.jpg


20140805c.jpg


20140805d.jpg


20140805e.jpg


20140805f.jpg


暑中お見舞い申し上げます。

ここ数日、凄まじい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

岩手山の山麓もご他聞に漏れず暑さのピークを向かえてます。そんな中、親戚のようなお付き合いをしている家族と娘のリクエストで龍泉洞へ遊びに行ってきました。

洞内の気温は平均10~11℃。外界の猛暑とは全く無縁の世界でした。

一時の涼(になれば良いのですが)をお届けいたします(笑)
with Fujifilm X20

こんにちは。
充分に涼しさが伝わります。

龍泉洞は、盛岡に住んでいた40年程前に、訪ねてくれた友人を連れて数度は訪れました。
その頃は、写真の様に綺麗な照明はありませんでした。
しかし、地底湖の綺麗な青は鮮烈な印象で残っています。
南の島で見る“青の洞窟”の青より美しかった記憶です。
昔の記憶は何でも美しく記憶に留まっているだけでしょうか?

8月7日からブログ知人が安比川方面に盆参りにいかれます。
例年釣りをされるので、安比川の岩魚(アメマス)の写真をお願いしました。
当地(東海地方)の岩魚はニッコウ系かヤマト系ばかりで、御地の岩魚の様な綺麗な白斑の魚体は居ません。
[ 2014/08/06 16:17 ] [ 編集 ]

マンボウさん

こんにちは♪
多少なりとも涼んでいただけたなら幸いですが
一方で鮮烈な印象を汚してしまってのではないかと心配です(汗)
現在の龍泉洞は岩泉町の貴重な観光資源だと思われ
かなり整備が進んでいます。

さて、先日の釣行でアップした源流のイワナは特に個性的です。
ニッコウ系がほとんども奥羽の山塊において
何故かここの陸封イワナは白斑とオレンジ班が際立っています。

放流によって混雑してしまった川が多い昨今ですが
まだ源流域に足を延ばすと、
細々と種をつないでいたイワナ達を見ることができるようです。
[ 2014/08/08 08:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。