ブルック・オリジナルスプーン

仙台市の中心街から青葉山トンネルを抜け、間もなく現れる住宅街の一画に、親しい友人が経営するルアー&フライショップ「杜の家ブルック」があります。お店の事は何度かご紹介してきましたが、ここブルックには個性的なオリジナルスプーンが数多く、私も愛用しています。今日はこのブルックスプーンの中からサクラマス用のスプーンを取り上げてみます。



まず、ブルックスプーンには、渓流用のライトウェイト(2.5~6.8gまで5種)、主に本流や湖用のミディアムウェイト(4・7・10g)、そして本流サクラマス用のミッドへビーウェイトへビーウェイトの計4タイプのスプーンに分けられます。

サクラマス用スプーンの基本スペックですが、ミッドヘビーが12・15g(56mm)ヘビーウェイトが17・21・25g(67mm)となっており、この5種類のスプーンを使い分けることによりレンジや流速に対応することが可能になります。※なお今春から、ミッドヘビーに18gが追加されるとともに、ヘビーウェイトの17gが縮小いずれ廃盤となるそうなので、ご注意ください。

カラーはホームページをご覧頂いたほうがよろしいと思いますが、ミッドヘビーが27パターン、ヘビーウェイトが41パターン(1/27現在)と実に個性的なデザインのスプーンが目白押しです(笑)

初めは選択に迷いますが、基本色となる青系・赤系・黒系・ナチュラル系から好みのデザインのものを選べば良いでしょう。

私の好みは青系なら「スカイダイビング」
ブルックスプーン「スカイダイビング」
クリアウェーター&晴天時には、これをチョイスする事が多いです。関連エントリー「今期のサクラマスフィッシング」

赤系ならファイヤーワークスでしたが、ちょっと色が派手で使用場面が限定されると感じたので、今期はもう少し常用出来そうなパープルレインやシュリンプを使ってみようと思います。こちらはシュリンプの画像です。
ブルックスプーン「シュリンプ」
これも結構派手ですね(笑)
※意匠変更により現在のカラーリングは写真と異なるようなので、ご注意ください(2/20追記)

黒系はジュリアスです。
ブルックスプーン「ジュリアス」
雪代が入り濁りの強いタフコンディションに強い見方となってくれます。

ご覧の通りストライプの入ったパターンが多いのがブルックスプーンの特徴ですが、「ニジマス」や「イワシ」といったナチュラル系パターンも結構存在します。
ブルックスプーン「レインボーレッドベリー」
こちらは「レインボーレッドベリー」です。

さて、最後はHPにはまだ紹介されていませんが、私の要望で作ってもらった「チャートSP」です。ちなみにブルックは我々ユーザーの声を反映したスプーンを作ってくれる事があります。こんなフットワークの軽さも大手メーカーには無い魅力の一つではないでしょうか。
ブルックスプーン「チャートSP」
さて、このスプーンですが当初の思惑では、タフコン時をイメージし、もう少しイエローチャートがはっきりしたものを望んでいたですが、クリア感の強いこのようなタイプで仕上がって来ました。工房の職人さんがトラウトをやり込んでいる人なので(トラウトマンは意外と保守的?)、シーバスルアーでは定番のド派手チャートには抵抗があったのかもしれません(笑)。しかし、これはこれで早朝やイブニングタイムの低光量時に使えそうだと思ってます。「チャートSP」あらため「トワイライト」とでも改名してもらいましょうか(笑)

この他、アクアマリン・ブラックレンジャー・ピンクレディ・シルバーエッグ・ゴールドエッグなど、数々の実績パターンが存在します。

ところでブルックスプーンの魅力は、そのブランク形状にもあります。オーソドックスなウィローリーフタイプのスプーンですが、とても使い易いスプーンです。ミノーと同様、カラーリングはもちろん、使い勝手の良さも重視すべきだと考えてます。サクラマスのスプーニングは、主にキャスト・ボトムサーチ・リフト・ドリフト・アクション・リーリングの繰り返しになります(ドリフト&リーリングは特に重要)。ブルックスプーンはこれらの一連の動作には欠かせない・飛距離の良さ・素早い沈下・キレのあるウォブリング・レンジキープ力を高い水準でまとめられています。特に絶妙のカップ形状と肉厚ブランク設計が織り成す泳ぎっぷりは秀逸で、かなり押しの強い水流でも飛び出すことがなく手元まで泳ぎきってくれます。新しくラインナップされる56mm18gも高いパフォーマンスを見せてくれるものと期待しています。

もし、ブルックスプーンに気になるスプーンを見つけたら、是非一度使ってみてください。いいスプーンですよ!

※スカイダイビング・シュリンプ・レインボーレッドべリーは、ブルックのHPより転載。ジュリアスとチャートSPは、本日私が撮影した画像です。撮影状況が変化しているので若干形状が違って見えます。
[ 2007/01/26 12:26 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/51-b5f12d5e