スプーン用シングルフック カルティバS-61#2

今年初の寒波がやってきました。初冬にしては勢力が強く油断していたら暖房用ボイラーの配管が一部凍結してしまい今朝は慌てました(苦笑)。
小ディンプル

↑こちらは私のプライベートルームです。オフシーズン中は春まで出番のなくなったソルト用タックルやバイクの収納場所と化しています。これから真冬を向かえると除雪しないと(掘り起こさないと)近寄れなくなるので、サクラ用タックルはいつでも手に出来るよう事務所に置いています(笑)

さて、タックル編2弾は、これからシーズンを迎えるサクラマス用のフックについて述べてみようと思います。

ミノーのフックは、カルティバのトレブルフック「ST-36BC」#6で、このフックを使っている人は多いのではないでしょうか。85~110mmミノー用はこれで決まりなのですが、スプーン用フックはいろいろと変遷がありました。巷の情報を頼りに丸セイゴ針やチヌ針で天国針を自作してましたが、現在はカルティバの「S-61」#2に信頼を寄せています。出会いのチャンスの少ないサクラマスフィッシングにおいては、バラシは出来る限りゼロにしたいもの。その点では魚との接点であるフックは、ラインと同等に大切なタックルの一部だと思います。まず重視しているのは、①フックポイントの鋭さ。②ベンド部分の懐の深さ。③最後に入手しやすさでしょうか。

スプーン用シングルフック

手前左からサクラ用S-61#2、トラウト用S-35BL#6、S-31BL#6

まずフックポイントがとても鋭く、貫通性能は抜群です。全体的に細軸にも思えますが、完全にフックアップしていれば、サクラマスとのファイト中に伸ばされる事はないでしょう。実際、サクラマスよりも数段パワーがある80~90サイズのチャムサーモンでも伸ばされる事はありませんでした。しかし、ポイントはとてもデリケートなので注意が必要です。一度でも岩を噛んだら交換した方が無難です。(ちなみにシーバス用の太軸フックは、場合によって研ぎ直しをする事もありますが、トラウト用ファインフックは即交換しています。)

お次に形状も私好みです。以前、丸セイゴで自作したフックでファイト中にすっぽ抜けるという苦い経験がありましたが、S-61でのバラシはゼロです。言い換えればゲット率100%なのですが、そもそも実証件数が少ないという点も否めませんので、その辺りは多めに見てください(笑)。

また、消耗品なのでいつでも手に出来るという安心感がないと、私は落ち着きません(笑)。昨年、ミノー用シングルフック(バーブレス)を求めて盛岡市内を彷徨った経験があります(苦笑)。たまたまシーズンオフを迎えようとしていた時期であったせいかもしれませんが、気に入った商品を見つけるまでとても苦労しました。幸いS-61は懇意にしているルアー&フライショップ「杜の家ブルック」で100本単位で扱っているので私はこちらを利用しています。

余談ですが、気に入った商品は今ならネットショップでほとんど入手する事が可能ですが、実際に見比べてから購入したい物もあるのも事実です。その点、住まいの近くに品揃えの良いショップがない(あったが潰れてしまった)ので、最近とても不便に感じています。

トラウトのスプーニングは、ミノー同様、始めたばかりでまだ自分なりの意見を持つレベルではありません。S-31BLやS-35BLについては、今後、検証していこうと思います。

さて、次回はサクラマス用ロッドを取り上げてみる予定です。
[ 2006/12/05 17:03 ] タックル | TB(0) | CM(2)

僕の場合は自作ミノーも、がまかつのチヌバリで作ったシングルフックです。一部シングルだとバランスが悪いものがあるのでそれはトレブルで使っていますが。
スプーンの場合はそのシングルフックにワイヤを巻いて、重量差を補うのと、あとは自分好みな泳ぎをしてくれるようにチューニングしていました。カルティバは使った事がないのですが、評判良いですね~いずれ使ってみます。

それにしても素敵なプライベートルームですね!僕も欲しいです。
[ 2006/12/05 21:49 ] [ 編集 ]

720studio_wsさん いつもコメントありがとうございます♪
さて小型のミノーの場合は、フック一つでスイムバランスが変わるので、交換もシビアになりますよね。その点、私がサクラ用で使っているスプーンは15g~25gが主なのでさほど影響がない様です。
ちなみにS-61にはフックアイが付いているのですが、私は鯉釣用ハリス(ダイニーマ)でアイを自作してます。直付けより自由度が増すので、サクラマスの強烈なローリングファイトにも追従すると思い込んでます(笑)
[ 2006/12/06 14:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/42-d47934ea