蟹パターンの続き (2012スズキ・その8)

今週は昨日水曜日に磯を歩いてきました。順調に回を重ねているように見えそうですが、リバーを含めてもこれで8回目。秋磯の釣りに至ってはスタートを切ったばかりで、もうゴールテープは目の前。まるで50m走です(苦笑)

この日は秋田県全域に雷注意報が出されるあいにくの天気でしたが、幸い!?に風は南西13~15m、波予報は2.5~5m。ババ荒れとなるまでの短時間が勝負とにらんでのゲリラ釣行です。

---

ブルックスプーン/ブラックアワビ25g

この日は、前々回の蟹パターンを検証すべく、ブルックスプーン/ブラックアワビ25gをメインに使用しました。

もともと個体数が少ない居着き系を拾うような釣りとなるので苦戦を覚悟しましたが、案外結果は早くでました。テンションドリフトで浮かさず沈めずサラシの中を漂わせているとゴンッ!

まずまずのサイズ、なにより狙い通りに出てくれたことがうれしかったのですが、ファイト中に突っ込まれた藻の中からひき引きずり出すといつの間にか姿を藻に変えていました???まんまと変わり身の術をくらってしまいました(苦笑)

画像がないのは少々残念ですが、一応の手ごたえを感じた瞬間でもありました。

---

この後はひっきりなしにやってくる雷雲に翻弄されました。チカチカと点滅しながらやってくる不気味な黒雲をやり過ごすこと数回。なんどとなく退避を余儀なくされました。

洞窟に逃げ込んで(笑)

こんな感じで強制待機です(苦笑)

そうこうしているうちにも徐々に風と波は高まり、強制終了までは急ぎ足で磯をランガン。

相変わらず絶好のサラシが展開しても肝心のベイトとスズキがいない中、どうにかこうにか納得のサイズとの遭遇を果たしました。

納得!

メタボじゃないけど筋肉質。やっと本来の磯物らしい個体と出会えました。(※ご覧の通り、この魚はミノーで釣りました。)

---

これは余談ですが、僕はこの黒ずんだ居着き系が好みです。ポイントにタイトに張り付き捕食もシビア。筋肉質なボディから繰り出される強烈なファイト。そんなタイプです。ベイトが待ち遠しいのはこのタイプがサラシの中から釣りやすくなるのはもちろん、更にコンディションが良くなりパワーアップするからです。逆にイワシと一緒に磯にやって来るサーフでよく目にする銀色の回遊系が釣れるとちょっと違うかなぁと一瞬思ったりします。

まぁ、これは個人的な好みですし本当に一瞬の事です。苦労の末に出あった時は、そんなことはどうでもよくなり喜んでしまいます(笑)


さて、スプーンの有効性の手ごたえは感じましたが、まだ出会い頭の印象は拭えません。そもそもスズキがスプーンを蟹と認識して捕食したのかも疑問です(笑)。これからも気長に蟹パターンの検証は続けていくつもりです。
[ 2012/11/08 10:44 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(4)

蟹パターンは研究楽しそうですね~☆

雷には十分注意してくださいね(^^;
掛け足の釣行記楽しみにしております!!
[ 2012/11/08 21:21 ] [ 編集 ]

ん~そういう使い方があるんですね!
勉強不足で知りませんでした(光)。
スプーンはバスと桜以外使ったことがなかったんで。
[ 2012/11/09 04:31 ] [ 編集 ]

シノビーさん

こんにちは♪
メインのベイトが来ないので「隙間の釣り」を楽しんでます。
あまりパッとしませんが(笑)
[ 2012/11/09 08:57 ] [ 編集 ]

yomoさん

こんにちは♪
繰り返しになりますが、あくまでも「隙間の釣り」です(笑)
本来ならビッグミノーで豪快な釣りを楽しみたいところですが、
今年の状況にあわせているうちに何故かこんなアプローチになってしまいました。
[ 2012/11/09 09:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する