清流にて (2012スズキ・その3)

先週末には久々にまとまった降雨があった。全くの門外漢であるけれど農家にとっては待ちわびていた雨であろうと想像していた。山野を潤す雨は我々アングラーにとっても恵みの雨となる。

増水後のタイミングで待望のデーゲームを楽しんできた。

急瀬狙いでまず一尾(笑)
カジカ君

背掛りしたカジカには気の毒だったが、この魚がいるエリアにまでスズキは遡上している。ちなみにミノーはリッジ95Sのヤマメカラー。これでもれっきとしたスズキ狙いだ(笑)

急瀬で反応がないのでこの日の適度な流速を求めて、そのまま歩いて移動。
藪漕ぎ

ご覧のような藪の向こうのパラダイスを夢見て強行突入する。川風が心地よい初夏のいまだからこそ出来ることがある。探索はその一つ。炎天下の釣りやナイトゲームでは少々無理がある。

---

当然の如く、そこに桃源郷はなかったが(笑)

50cm足らずのフッコ

流芯に絡ませたミノーのトゥイッチやジャークで上ずったセイゴやフッコ達がアタックしてくる。どうも狙いを外しているような気配。そこでミノーのサイズを95から139に変え、同時に魚のサイズアップを図る。

読み通りに事が進んだのかどうかは別として
クリックで別画像が開くよ(笑)

瀬の開きについていた迫力のサイズがヒット。久々にメジャーをあてると巷でランカーと呼ばれているサイズを越えていた。もちろんデーゲームでは十二分に満足のいくサイズ。まさに雨の恵みと言えるだろう。

---

それともう一つ、この日のように河口からはるか80km近くも遡上してきたスズキと出会うたびに考えさせられることがある。稚鮎を追ってひたすら遡上するスズキの本能も天晴れだが、それもこれも鮎やスズキのそうした行動を可能にする環境があってこその話だ。途中に堰やダムでも建設されようなものなら、その瞬間からこの釣りは過去のものになってしまう。

こうして今年も僕が期待した場所と自分の流儀で川スズキに出合えたことは、全ては秋田の大自然のおかげだと考えている。そして、僕達の後の世代にもこの感動が伝えられるよう、この川の釣りがいつまでも現在進行形であって欲しいと切に願う。


例の宿題は続く(笑)
[ 2012/07/10 12:31 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(10)

デイゲームのミノーイング、しかもナイスサイズがでれば爽快ですね!!
自然環境の件、同感です。
雄物川、米代川ともに素晴らしい河川ですが、人間の手にかかればいとも簡単にそれは崩れ去ることでしょう。願わくばいつまでも川鱸、サクラマス、鮎が遡上する河川であって欲しいです。
[ 2012/07/10 17:48 ] [ 編集 ]

すばらしい。
本当にそう願います!
私の実家は小さい頃あった「尺しか釣れない川」は、三面護岸です。
また、綺麗な渓相のあの川も人口の石がたくさん入り・・・・・
悲しいです。

この環境いつまでもあってほしいです。
[ 2012/07/10 20:10 ] [ 編集 ]

fuji太さん

共感していただき感謝です♪
実は僕らの釣りは、際どいバランスの上に成り立っているといつも感じています。
自分の立っているフィールドに、いつも目を向けていたいものです。
[ 2012/07/11 08:41 ] [ 編集 ]

シノビーさん

共感していただき感謝です♪
シノビーさんも体験されているように、過去の川・過去の魚になるのは、悲しいかな本当にあっという間の事なんですよね。河川の環境変化に敏感であることは、とても大事だと思います。
[ 2012/07/11 09:02 ] [ 編集 ]

cassioさん こんにちは
安比川とかも入りましたけどウェー
ディングしてると米代&玉川は岸際
の景色、香りまで固有の美しさがあ
ると感じます。
ランカー写真!綺麗な顔ですね。
たまにはカヤックを降りて川にはい
らせてもらいたくなりました。
[ 2012/07/11 13:04 ] [ 編集 ]

yomoさん

ありがとうございます♪
本当はフィールドの美しさもお伝えしたいのですが、こればかりは弊害が多いので自重しております(苦笑)。必然的に魚がメインになるのですが、横になった魚ばかりが並んでもなんだかなぁですよね。なるべく魚の美しさや精悍さを伝えることを大切にしているので、綺麗な画像と言われるのが一番うれしいです(笑)
[ 2012/07/11 17:04 ] [ 編集 ]

今から17年前、まだ川の事も鱸の事も理解出来ていなかった時代は、上流で釣れる鱸が、どうも不自然で仕方なかったのに。今では鱸は清流に似合う魚だと、心から思うようになりました。
そこに有るのが当たり前である川の恵みを、確りと噛みしめて釣る様な釣が続くと良いですね。
[ 2012/07/12 23:05 ] [ 編集 ]

Megaceryleさん

ありがとうございます♪
僕にもただひたすらに数や大きさを追っていた時期もありました。未だ道を究めたわけではありませんが(笑)、この年になると流石にそれはもう卒業です。季節の移ろいに目を向け、川の恵みへの感謝を意識するようになりました。(サクラマスにことが及ぶとまだまだですが・・・苦笑)
[ 2012/07/13 08:40 ] [ 編集 ]

河口から80kmというとどの辺でしょうか?大館で約60kmですのでさぞかし上流で釣りをされているんでしょうね。
[ 2012/07/14 23:57 ] [ 編集 ]

通りすがりさん

だいたいその位でズバリ80kmではありませんよ(笑)
70kmから80kmエリアは古くから雑誌にも取り上げられてますし、今も皆さん普通に釣っています。実際に行くと河口からの距離の示す案内標識が土手の所々にあるので大まかな目安になります。
[ 2012/07/15 08:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する