サラシ打ち~春磯にて~ (2012スズキ・その1後編)

前日の好印象から延長戦に突入した翌朝は、予定通り4時に起床。すでに東の空はかなり明るくなっている。もう少し早く起きるべきだったか。

急いで釣り仕度を整えポイントへと車を走らせる。

肝心のサラシは如何に・・・
微妙ですな(笑)

さて、期待のサラシはご覧の通り。前日の強風は夜のうちに収まり、僅かにウネリが残っている状態。波はかなり微妙な状態だけど、濁りと浮遊藻がなくなり気分は上々(笑)

ウネリがセットでやってくるのを待ち、僅かなサラシが拡がる瞬間に期待を込めてキャスト。ところが前日同様、レギュラーリトリーブでは反応が無い。ならばと沖目にキャストしファーストリトリーブでリアクションを誘う。案の上、密生する藻の際に差し掛かったところでバイト。

60cm近いか

追い食いでテールフックをつまんでいる。どうやらサラシと捕食リズムの相関は薄そうな気配だ。やはり藻打ちが中心になるのだろうか(笑)

まぁ実際にこんなシーンがキャストの度に繰り返される。
ほとんどこうなんだよね

バイトが先か根掛りが先かという、忍耐を要する釣りかも(笑)

---

さて、時間が限定されているので、そんなに細かく探ってはいられない。僅かに残ったサラシに絡む藻(根)を求めて移動を開始する。ところでこの朝に他のアングラーの姿は、遠くにポツリと確認できるだけ。広大なエリアをほぼ独占して探索できる。この自由さもこの釣りの魅力の一つと感じている。

---

同じようなポイントで。
こりゃ50cm無いね
サラシを抜け出たミノーにトゥイッチをかけ、そのアクション追従性を目視していると、目の前で食らいついてきた。それはまるで春先ののんびりイワナがゆっくりと浮上し反転する姿そのものだった(笑)。活性が高いのやら低いのやら・・・。

更にこの後もヒットが続いた。
ややサイズアップ!?(笑)

同じことの繰り返しもつまらないので、この際にといろいろ試したが、この日はあるパターンが有効だった。この辺りは書いてしまっては面白くないだろう。ご覧の皆さんもいろいろお試しあれ。そもそも答えは一つとは限らないしね。

と、なんやかんや一人で試しているうちにあっという間に制限時間を使い果たしてしまう。藻に付くスズキなら日が昇っても出そうにも思えたが、すでに十分に満足できている。

毎年こうして、その季節がやってくると楽しませてくれる魚達に感謝!
[ 2012/05/19 17:00 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(4)

春を満喫...ってところですね!
どの魚体も渋い艶でコンディションは良さそう。

藻場の釣りも、遠く離れていても同じようですね(笑)
この時期は近距離戦という場面も同様に感じました。
しかし、例のミノーが折損というのも驚き...。タックルパワーの成せる技??(笑)
[ 2012/05/19 19:13 ] [ 編集 ]

ヒマん人さん

こんにちは♪
遅ればせながらの開幕です。

例のミノーですが、折損部を確認すると
かなり削り込まれているようです。
もっとも壊れた原因はダメージを与えていた
自分のせいだと思ってます。

あの飛距離は限界までシェイプアップされたボディと
タングステンウェイトのコンビの
なせる業だと理解できました。

飛距離だけでなく動きも良いし
良い物を教えていただきました(笑)
[ 2012/05/20 11:03 ] [ 編集 ]

素晴らしい釣果!!
さすがです!

私も春を感じてまいりました☆
やはり、休日は人が多く非常にやりにくかったです(><)

日曜に関しては、移動すら出来ず・・・・・
私は、2ヒット1キャッチとやはり、初心者的な釣果で終わりましたが、cassioさんから教えてもらったウェットスーツも機動性が非常によく、今後が楽しみです(^^

やはり、”磯”ですね(^^
[ 2012/05/21 22:18 ] [ 編集 ]

シノビーさん

こんにちは♪
春磯遠征お疲れ様でした。さて

> cassioさんから教えてもらったウェットスーツ

そうでしたっけ???
それと僕は、特にウェットスタイルを推奨している訳ではないので、
誤解なきようお願いします。
ウネリが高くて最初から波をガンガン被るような時、
つまりは「びしょ濡れ=ウェット」にならざるを得ない時を除くと、
必ずしもウェットスーツを着用するとは限らないのです。
実際に先日は2日間ともベスト&ウェーダーで釣りをしました(苦笑)

確かに機動性は格段に上がりますが、無茶なさらないように・・・。
[ 2012/05/22 08:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する