藻打ち~春磯にて~ (2012スズキ・その1前編)

サクラマスにうつつを抜かしているいる間に、もとい、心を奪われている間に、磯開幕の報が仲間を通して耳に入る。自称「磯マニア」としては、情報の受け側に回るのは心中穏やかではない(笑)。

ポッカリと時間ができた水曜日。娘を学校へ送り届けたその足で西へと赴く。途中、娘が「お父さんはいつも天気が悪いときにばかり釣りに行くよね」となかなか鋭いことを言う(笑)。ついでに「こんなに沢山の道具を持って、釣れなかったらショックだろうね」。

---

さて、この日は南西の風が10m、波は2~1.5mの予報。タイミングとしては悪くない。果たして・・・・
底荒れ気味

一見すると良さそうだが、ショアラインは底荒れによる濁りが入っている。それ自体に問題はないのだが、荒れ始めに多い千切れ藻が四方に散乱してる。一年草としてやがて朽ち果てるばかりの藻がこの時期にはまだ繁茂している。当然のごとく藻打ちが中心のゲームになるのだが、ルアーのトレースを困難にする浮遊藻だけは厄介な事この上ない。

まぁ、時間が経てばいずれ海岸線に打ち上げられてしまうだろうと、ベストな状態の場所を求めて移動を開始する。ところで、この時期には、ほんの僅かな移動距離でもこちらの想像以上に水温が上下するから、無頓着ではいられない。ちなみに最初のポイントが13度。これが一応のボーダーラインだろう。

何箇所か移動したのちにたどり着いたのが岩礁エリア。ここの藻の隙間を細かく狙う。しばし無反応だったが、過去の経験をもとに、藻の前後でハードトゥイッチをくりだすとパコーンと元気良く飛び出して来た。トップウォーターを持ってこなかったことを後悔する。

60cm無いね

ワカメを引っさげてきたこのフッコが今年初のお魚だ(笑)。サクラマスもアメマスも釣っていないので、まさにファーストフィッシュだ。何とも遅い春だが、自分に開幕を告げてくれるうれしい一尾である。

藻打ちを続けて、更にもう一尾。濁り水と済み潮の境目でヒットした。
50cm位かな

サイズが小さいので、カメラを寄せたらストラップが写り込んでしまった(苦笑)。

この時期の平均サイズだけど、こらんの通り魚体と遊びフックに藻が絡むので結構重量感はある(笑)。サイズのみで想定すればライトタックルで楽しめそうなものだが、キャストのたびに藻に根がかるルアーの回収とヒット後の事を考慮すればそれなりのタックルで臨むべきだろう。ちなみにロッドはUC94で盛期と同じ。

ちなみにこんな事も・・・。
真っ二つ(笑)

根掛りを回収したらなんとミノーが真っ二つに。フックが伸びての回収は珍しくないが、こんな回収は初めて(苦笑)。使用ラインはキャストアウェイPE1.5号と至って普通なんだけど。

---

潮の境目から濁水エリアに移動すると突然ロッドが絞り込まれる。

小気味良いファイトを楽しませてくれたのがこちら。
44cmのメタボ鯛

緑鮮やかなワカメを腹一杯に詰め込んだメタボクロダイだった。釣り師の側には厄介な藻も、こうして海の生命を支えていることに気付く。ハタハタの産卵にも無くてはならない存在のはず。どんな釣りもそうだけど、季節の移ろいを感じながら楽しんでいければそれで良い。春磯でまた心新たにする。

---

予想以上に楽しめている。こりゃ夕マズメの回遊が期待できるんじゃないかと妄想し、一旦車にもどってナイトゲームの出で立ちにチェンジ。しかし、その後は何事もなく日没を迎える。

春は藻打ちが中心といったもののサラシ打ちだってしたい(笑)。正直いってむしろそっちがメイン。翌朝の延長戦を決意する。秋と違って夜明けは4時台と早い。8時までなら十分に釣りが可能だ。

久々の磯歩きで心地よい疲労感がある。早々に就寝する。続く。
[ 2012/05/18 15:48 ] ソルトウォーター スズキ | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する