土壇場の開幕 (2012サクラマス・その1)

ようやくスタート!

大学スキー界の一大イベントであるインターカレッジ、通称「インカレ」がこの2月に当地雫石で開催されました。この業界の端くれのような存在ですが、僕もそれなりに忙しい日々を過ごしておりました。そんな訳で初釣りどころか、準備さえもままならずに暦は進むばかり。

ようやく仕事が一段落した2月28日の午後。仙台から遠征してきた友人と雄物川の畔に立つことが出来ました。

禁漁間際の土壇場でのスタートです(笑)
---(釣行記)---

例によって混雑する河口部を避けて上流側を目指す。案の定、誰も居ないし、普段なら雪原にしるされる足跡さえない(笑)。この冬は事のほか寒さが厳しかったので、いつものようにヒートアップしている河口組を除くと釣り師の活性はかなり低いようだ。

時折り雪が舞い降りてくるが、風がないので釣り師にとっては優しい天気だ。それでもガイドの水滴はすぐに凍りつきPEラインが軋んでしまう。翌29日は気温が急上昇する予報だ。釣れるなら明日だろうと読んでいた。


キャスト開始から約2時間後、20m程下流に陣取っていた友人から「来たよ!」の声が届き・・・

見事に開幕早々のランディングを果たす。
64cmのフレッシュラン!
迫力満点のナイスボディ。

それまできつかった流れの押しが弱まり、スプーンの水噛みがマッチしだした瞬間だった。河口部近くではないし、おまけに小潮であるので潮汐の影響をそれほど色濃く受けるはずはないと思いがちだが、注意深く流れを見つめていると微妙に流速が変化している。2007年の開幕戦も同じく流速が変化した瞬間にヒットした。水位と流速のほんの僅かな変化がサクラマスを動かしているのかもしれない。(今回は僕が釣ったわけじゃないけど・・・苦笑)

ヒットはこの一発で終わり、早々に健康ランドの「こまちランド」に宿を求め、不健康な一夜を過ごす(笑)

---

翌29日は予報通り、春のような穏やかな陽気となる。

今日はいける!そんな状況だったが、結果は期待も儚く不発に終わる。もちろん、昨年に手応えを感じた50~60kmエリアにもエントリーし、冬サクラの遡上エリアの検証も行ったが、実証までには至らず土壇場の幕が下ろされることとなる。

川に立てれば満足!


こうして2012年秋田冬季解禁の釣りは、あっけなく閉幕です(笑)

季節感満載ですね♪
ちょっと想像できない世界です。

ナイスプロポーション・・。
サツキでも狙おうか・・・(笑)
[ 2012/03/07 22:57 ] [ 編集 ]

ヒマん人さん

日差しが柔らかくなっているので、
厳しい寒さの峠は過ぎたようです。
まだまだ雪はシコタマ残ってますけどね(笑)

サツキですか。
こちらのサクラマスよりもはるかに激戦なのかな、
なんて想像してますが、
それよりも磯の開拓に期待をしております(笑)
[ 2012/03/08 09:31 ] [ 編集 ]

 ご無沙汰してまつた。きてみてびつくり。
 流 石!
つばらちぃ。御目出塔ごぜいまつ。
 お祝いもうしあげまつ。
 ことしはいっしょにやれればいいでつね。
[ 2012/03/09 05:06 ] [ 編集 ]

猫田さん

こちらこそご無沙汰でつ。
釣り上げたのはK先輩で
それはそれは見事なまつでした!

ご一緒できる日を夢みてまつ。
[ 2012/03/09 09:24 ] [ 編集 ]

にな!実はかなりよつぱらってみたのでよくよまなかつたんです。すみません。
 うーむ先輩のお殿様がつったんですか。よかったでつね。先輩も。
 
[ 2012/03/12 07:17 ] [ 編集 ]

猫田さん

ハイ、とても喜ばれてまつた。
手柄をあげた足軽は、不健康ランドでたくさんのご褒美をいただきまつた(笑)
[ 2012/03/12 14:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/359-030d718c