大遠征 (2011スズキ・その6)

なまはげ像
タイトルは大遠征ですが、フィールドはいつもの場所。

今週は2年来のお付き合いをさせていただいているSWヒマん人さんと共に磯を歩いて来ました。

そう、大遠征の当事者とは、ヒマん人さん。

驚く無かれ!なんと氏は遠く岡山市在住の方。僕にとっては大遠征どころか超大遠征です(笑)。その行動力に感服です。

もちろんご一緒するのは初めて。男鹿磯の雰囲気を味わいたいというヒマん人さんのリクエストに応えてガイド役を引き受けて参りました(笑)

---
さて、磯のサラシゲームを楽しむためには波&風が不可欠なのですが、あいにく実釣に充てていた2日間の予報はベタ凪。こればかりはどう仕様もありません。かろうじて釣行前日(移動日)の午後に西の強風が吹き波1.5mほどの予報が出ていました。この風波に一縷の望みを託すことにし、急遽予定を前倒し。移動日の夕方に現場入りしていただきました。

サラシを前にして
朝まで岡山にいたはずの男が、夕方には男鹿のサラシの前に。今、何を思っているのでしょうか(笑)

こうして慌しく実釣を開始。日没前の一瞬にはメインベイトとなるサヨリがざわつくシーンがありましたが、たちまち日が暮れてしまい、「磯ナイト」に突入。そこそこサラシが生じている状況でしたが、所詮は荒れ始め。残念ながらサラシからのヒットには至りませんでしたが、きっと雰囲気だけは味わってもらえたはずだと思います。

何はともあれ間にあって良かった!

---

サラシゲームが芳しくないので、居着き&回遊狙いにチェンジし、これまで苦汁を飲まされ続けている例のポイントにご案内しました。地形的にはサイドからの強風で狙うべき場所はもろに風表。バシャバシャと波立つ水面をディープウェーディングで強行突破しエントリー。静かにナイトゲームを楽しむ状況とは真逆の荒れ模様です。とりあえずは下見のつもりでした。が、しかし

なんと開始2投で「デカイ!」と叫ぶヒマん人さんの声が月夜に響き、お貸ししていたUC94がひん曲がりました(笑)。元々勝負の早い場所ですが、いきなりモンスターがヒットしたようです。あいかわらず何が起こるか解らないポイントです。

さて、予想を超えるサイズを相手に突然のゴング(笑)。

剛竿UC94は伸され気味。対するヒマん人さんも腰を下ろして強烈な引き込みに耐えています。懸命のリーリングで寄せに入るその姿は、まるでショアからブリやヒラマサを相手にしているようです(笑)

張り詰めた攻防が続きましたが、ヒマん人さんの懸命の寄せで根とストラクチャーが密集するデインジャラスゾーンからの引き剥がしには成功。これで第一関門はクリアです。ゴング早々の不利な形勢から、少しずつアングラー有利の展開に持ち込んでいるようでした。とはいえ、まだまだ相手の余力は十分のはず。反転ダッシュは必定と察し「少しドラグを緩めたら」と声をかけた矢先に相手の猛反撃が開始。フルパワーの反転ダッシュをくらい、惜しくもフックアウト。

あと僅かで相手の姿が確認できる距離にまで来ていたので、実に惜しいの一言!

しばし呆然とする二人(苦笑)。僕の余計な一言がヒマん人さんのリズムを変えてしまったかと反省しきりです。

---



その場を一旦離れ、夜明け前の回遊のタイミングを計って再エントリー。今度はうまく時合がはまり回遊系のプチフィーバー。


ランカーゲット!
ヒマん人さん、80cmアップを筆頭に3尾ゲットです。

久々のナイトフィッシュ

離れていた僕の方にも回遊があり、こちらもばたばたと3連荘。


はるばるの遠征でランカーを仕留め、数も出たので本来は大喜びの結果なのですが、二人ともモンスターのバラシを引きずってしまい、この時は喜びも半減だったかもしれません(苦笑)

思い返せば、ここではいつもこんな感じ。

この「悔しさ」が我々釣師の原動力になっているのかもしれませんね。

---

夜が明けると予報通りのベタ凪になってしまい、ウネリが残る面を求めて移動を開始。

ウネリに期待して

残念ながらスズキの反応はなく、時間を大幅に残してのストップフィッシングとなりました。

---


ざっと簡単にまとめましたが、今回は単時間にいろいろとありました。僕にとっては通い慣れたはずのフィールドに、また新たな発見があり刺激的な釣行になりました。

ヒマん人さんへ
悔しさをバネに、また来年!(笑)
[ 2011/10/15 12:44 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(2)

やはりいますか・・・・モンスター
僕もバラしていますので(><)
次は絶対取りましょう!!
[ 2011/10/16 08:54 ] [ 編集 ]

シノビーさん

ここの怪魚に翻弄されてから早4年(笑)。

ヒットには至ってもポイントの構成上、
ランディングの難易度はトリプルAクラスです。
まぁそんな所だから残っているのでしょうが・・・。

次も「絶対に獲る」自信は残念ながらありません(笑)
[ 2011/10/16 10:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/344-ae5ebf20