FCLLABO・UC94

UC94と磯スズキ

先日はいろいろと収穫の多い釣行でしたが、最大の収穫は今釣行で終始使用していたUC94のロッドパフォーマンスの素晴らしさを実感できたことです。平均風速およそ10~15mのタフなコンディションにおいて、真打ちUC11の出番を仰ぐまでもなく、この弟分が最高を仕事をしてくれました。

基本スペックは、9.4ft、Max40gと数値はやや平凡!?ですが、そこは唯一無二のUCシリーズの一本。そんじょそこらのMax40gとは訳が違います(笑)。

見た目はそのまんまUC11のスケールダウン。例によって、強烈な横風や逆風を受けても、初速の出た弾道キャストが可能です。ゴルフロッドにたとえれば#1や#2のロングアイアンと言ったところでしょうか。(※UC11はもちろんドライバー!笑)。風に影響されないキャストが可能ということは、いいかえれば爆風も利用できるようになるのです。あえてキャスト弾道を上下させて糸ふけの大きさをコントロールすれば、成り行きまかせの糸ふけとは大きく異なった戦略的なリトリーブコースの演出が可能になります。

タフコンにおけるこの辺りの操作感の良さが、一般的なロッドとの明確な違いと言えます。フィールドコンディションが過酷になればなるほど求められる性能は変わってきます。闇雲にロングロッド、しかもフルベンドタイプのロッドを使っていた頃が懐かしいです(笑)

---

更にUC94は、UC11の長所をそのままにロッドレングスが短い分、アシュラシー精度が高まりますし、当然軽くなるので身体への負担もおのずと軽減されます。また、UC11だとどうしても二の次になりがちなアベレージサイズの魚とのやり取りも十二分に楽しむことが出来るようになると、まさに良い事尽くめ!

激荒れの高磯以外なら、これ一本でほぼ十分だと実感しました。

真打UC11に比べると目立たぬ存在のUC94ですが、

お勧めです!

※関連エントリー>>>「FCLLABO・UC11
[ 2011/10/05 11:10 ] タックル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/341-7f7ea698