飛び道具 (2011スズキ・その3)

今月の11日に東北地方も梅雨明けしました。その途端に猛暑です(苦笑)。このような夏の暑さは、北東北でも当たり前になってしまった気がします。

さて、そんな暑さにもめげず仙台から友人がやってきました。狙いはサクラマス(笑)。ここまで来るともはや「悪あがき」などと揶揄することが憚られ、サクラマスへの思い入れの深さにただただ感心するしかありません。

天晴れです!

一方、僕はもうスズキモードにチェンジしてしまっているので微妙な心境でした。川には先日の大増水でおそらく大編隊が入っているはず。再びのモード変換にはかなりのエネルギーを費やしましたが、仲良くお付き合いしました(笑)

夏空の下で

気温は31度。日が傾く頃に合わせて入川。

流れそのものは、ちょうど水の引き際なのでベストに近い状態でした。

しかし、残念ながら夏サクラからの反応は無し。それでも僕としてはこの追い炊き(笑)が加わり完全燃焼です。夜は中仙の「たじはん」で納竿会を開催。気持ち良くサクラマスロッドを納めることができました。

翌朝の僕は、完全にスズキモード(笑)。トラウティストである友人をスズキ釣りに誘ってみたものの、気になる場所があるので、このまま川に残ると言います。

天晴れです(笑)

ここで友と別れひとり下流を目指しました。

---(続き)---
さて、すっかり前段が長くなりましたが、ここからが本題(笑)。

2月のサクラマス釣り以来の雄物川本流は、大増水の尾を引きいまだハイウォーター。一箇所目の広大なシャローエリアでは無反応です。水が落ちきるのを待ちきれなかったアングラーに相当叩かれているようです。すでにお祭り後の雰囲気が漂い始めました。

2箇所も流芯から手前のカケアガリを丹念に流してみたもののしばらく無反応。ようやくヒットしたかと思えばフッコ君。どうやらここも攻めまくられているようです。そこでロッドをラックスからUC88にチェンジ。ミノーもプレスベイトに換装。

主役の「飛び道具」のお出ましです(笑)。通り一編のアプローチが駄目なら作戦変更です。

再びランの流れ出しに戻り二流し目にトライ。狙いは対岸に微妙なヨレを織り成すディープゾーン。普段より20cmは高い流れでディープウェーディング。まるでバレリーナのようなつま先立ちでフルキャスト(笑)。フォール&トゥイッチで立ち上がりから誘い、プレスベイトが流芯に飲まれる前にターンを入れるとゴゴン!と衝撃。

はるか向こう岸近くの水が割れました。

73cm

川の開幕を感じさせてくれた筋肉質のフレッシュ。

そのまま流れを下り、対岸の微妙なヨレを攻めると再びヒット。

70cm

ほぼ同サイズ。白日の下で、このサイズが続くと実に痛快です。

試しに水中撮影(笑)
水中撮影

余談ですが、これまで使っていた防水カメラ(オリンパスμ770SW)が不調に陥り、修理に出したメーカーから新機種への交換を打診されました。若干の手出しは伴いましたが、その話に乗って手にしたのがμ Tough-8010でした。本当はパナソニックのFTシリーズに乗り換えたかったのですが、手出しの差額で妥協しました(苦笑)

---

さてさて、満足の結果。(※うっかり水中モードのまま撮ってしまったので、コントラストが強くて何だか変。)
満足の結果

オーソドックスなアプローチでは出会えなかった魚であろうと自画自賛です(笑)。かなり特異(得意)なアプローチですが、デーゲームで何を投げても釣れた時代は過去のものとなった感があります。

3箇所目で60アップを一尾追加したところでタイムアップ。
60アップ


普段は修行みたいな釣りになりがちですが、たまにはこんな痛快な釣りを楽しまなくちゃね(笑)。
[ 2011/07/15 12:02 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(2)

川もすっかり夏の景色になりましたか!?

痛快ゲーム・・・うらやましいです!
UC+ジグミノーならとんでもない射程距離になりそうですね(笑)
[ 2011/07/18 22:15 ] [ 編集 ]

ヒマん人さん

川はすっかり真夏の様相です(笑)

繁忙期前に痛快ゲームができてよかったです。
忙しいのが終わったら、
タフな秋の陣が始まっちゃいます(笑)

[ 2011/07/19 11:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/334-732251bf