男鹿シーバス 第4戦

今週も4・5日にかけて男鹿半島を巡ってきました。

今回はあいにくの晴天に見舞われ(笑)
シーバスフィッシングには適さないタフコンでした。

それでも朝夕のマズメ時には回遊があるだろうと楽観視し、
狙いをつけたポイントにウェーディングして、その回遊を待ちました。


案の定、日が暮れた途端、それまで何事も無かった
水面が突如ざわつき、ベイトとなるサヨリが逃げ惑い始めました。
シーバスの回遊を確信し、
シメシメとばかりに前回ヒットルアーを投げ込みますが
これが一向に反応しません(苦笑)

ポイントが水深1m足らずのシャローなので
レンジにそう迷う事はありません。
そこでめったに出番のないエスフォー11(ホロイワシ)で
サイズダウン。

このエスフォーをダイブ&ドッグウォークさせたら
待望のバイト。しかし、エラ洗い一発でバラシ!(悔)

その後が続きません。

逃げるサヨリの動きにつられてリーリングが早い?

それならばと、あえて騒がしい箇所をずらしてヨタヨタと
エスフォー本来の泳ぎで誘うと押さえ込まれるようなバイト!

今度は先程よりデカイ!と思った矢先、
またもやエラ洗いでフックアウト(※◆?#$=・・・)

変だと思いフックをチェックすると
4・5年前にバーブをつぶしたフックが
錆付いて、しかもテールフックが
少し伸びて拡がっているではありませんが・・・。

フックが劣化していた上、もしかしたら
最初のバラシの際に伸びたのかもしれませんが
フックチェックを怠っていたのは迂闊でした。
慌ててフックを交換し、再び戦闘態勢が整った時には
すでに騒ぎは終わっていました(苦笑)

読み通りに回遊はありましたが、正味30分の短い時合でした。
あとで聞くと同行の友人も苦戦した様子。

二人で協議した結果、
翌朝、再挑戦することとして一旦その場を離れました。


さて翌朝は、暗いうちにウェーディングを開始し
目指すポイントに着いた時には周囲は、すでに騒がしく
一定の場所で繰り返しボイルをしている個体もいます。

このボイルを狙った友人が
トビペンのドッグウォークで見事70cmをゲット!

私も慌てて参戦しましたが、
バイトに持ち込めず、数キャストしただけで
ボイルは遠くに去ってしまいました

ここまで現場到着から15分足らず。
成す術もなく、と言うよりは
成す前に勝負は終わっていました
(苦笑)


日中は、男鹿半島の北側を探索。
初めての場所を2箇所ほど叩きました。
サバが多数釣れましたが、本命のシーバスの姿は無し。

帰りしな覗いたサーフでは
イワシ団子がアチコチに見える期待の持てる状況でした。
もちろん即、戦闘準備(笑)
ここではソゲの爆釣やらイナダのナブラがあり
ベタ凪のサーフでは珍しく生命感に溢れる状況でした。
ベタ凪のサーフ

結局、本命シーバスは、友人が釣った朝一の1本だけでしたが
二人の釣果は、イナダが2匹、ダツがおおよそ10匹、
サバが40匹、ソゲが60匹、オマケにタコが1匹という
思わぬ収穫に恵まれました。

釣れた魚のほとんどはリリースしましたが
それでも今晩のおかずは盛大になりそうです(笑)
[ 2006/10/06 15:53 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/31-9b63f3a0