スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

譲れない(追記)

前回にアップした画像をご覧になった方から、「あの位の波がベストですか」というご質問をいただきました。

あの日は、3.5m~4mの波。高磯でギリギリで釣りになるレベルですから、はっきり言って荒れすぎでした。

とてもベストとは言えない状況です。

---

先の画像の数秒前の様子。
強烈なウネリ
(※比較してご覧ください。)

このような強烈なウネリが断続的にやって来ます。画像で見ると大したことがありませんが、現場にいると4m近くも上下するウネリの迫力は相当なもので、かなり恐怖心を覚えます。

ポイントの選択、キャストのタイミング、信頼できるタックル、思い切ったファイト、そして、何よりも重要な安全の確保、それぞれの要素を全てクリアして得た貴重な体験でした。このところ閉塞状況に置かれている自分を鼓舞する意味で記事にしました。

しかしながら、決してこのような状況での釣りを推奨する意味はありませんので、くれぐれも誤解なきようお願い申し上げます。少々、安直過ぎたと反省しております。

---

平磯なら1.5m前後、足場の高い磯でも2~3m位の波が安全に楽しめるベターな状況だと考えます。このような時でも予期せぬウネリが突然にやって来るものなので、絶対に安全とは言えず、むしろ常に危険と隣合わせであることを自覚してください。

いつも注意を怠らないのがベストです。

安全を最優先で

磯のゲームをお楽しみましょう。
[ 2010/09/23 11:51 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(2)

確かに・・かなりのウネリですね!!

昨年、磯場の深みに水没したことがあって・・、記事内容は身にしみてわかります(苦笑)

リスクマネジメントも、ゲーム成立の重要なファクターですよね!
[ 2010/09/23 22:37 ] [ 編集 ]

ヒマん人さん

かく言う私も、冷っ!とすること度々でしたから自らを戒めてます。
家族、同じ釣りをする仲間、そして社会に迷惑をかけられないですもんね。
[ 2010/09/24 09:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/288-07905b89











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。