再開

毎年のことですが、夏は本業が忙しく釣りに行く時間がありません。

釣りに関するエントリーがしばらく途絶えてしまい、その間わざわざご訪問いただいた方には心からお詫び申し上げます。

もちろん仕事の合間にもあれやこれやと釣りの事に思いを馳せていました。磯のサラシゲームがその中心であることには間違いが無いのですが、一方でちょっとした心境の変化により、しばらく離れていた渓流のフライフィッシングを再開することにしました。

深い理由は無く、ただ無性に地元の源流を歩きたくなっただけです(笑)。ただし、そこの魚(もちろん岩魚)を相手にする場合、僕としてはフライフィッシングしか考えられず、源流を歩きたいがための復活です。

---

そして今日、いきなりの源流行は流石に無理があるので、近くの渓流を歩いて来ました。

フライロッドを持つのは実に6年ぶりです。ちなみにドレッシングは揮発してスッカラカンになっていました(笑)

かなり渇水した上流部。
地元河川にて

里はあいかわらず猛暑が続いてますが、上流域は落ち葉が漂いすでに晩夏の様相です。

渇水の流れにてトレーニングを開始。

しばらくぶりのフライは難しかったです。というか僕が下手っぴなだけ(笑)

ライン処理がおぼつかずにイライラの連続。おまけに肝心の魚影が薄く!?歩いた距離の割には反応が乏しい・・・。

かろうじて淵の開きに居た魚がヨレヨレのフライマンにヒット。
再会

2時間歩いてまともな岩魚は、これ一匹。


十分なトレーニングが出来たとはとても言えませんが、天候が安定すしたらテントを背負って源流域を歩いてきます。

お疲れさまです。
深山幽谷の釣り・・上質ですね。うらやましいです(笑)
幾多の瀬を超え、倒木をかいくぐり、蜘蛛の巣を払いのけながら行軍していた時期があって(ミノーイングですが)、思わず見とれてしまいました!
[ 2010/08/25 08:54 ] [ 編集 ]

ヒマん人さん

こんにちは♪
元々フライ釣り師で、長い間、フライロッドを振り回していたのですが、ある日を境に燃え尽きてしまいました。しかし、かろうじて火種だけは、まだ残っていたようです(笑)
[ 2010/08/25 10:13 ] [ 編集 ]

しばらくです。
暑くてかないません。

たまには、気張らずにフライ竿を振ってください

涼しさを求める釣りはなんとなくいいですね。
[ 2010/09/02 04:15 ] [ 編集 ]

猫田先輩

久々にやったら、こんな難しい釣りをやっていたのかと愕然としました。
「気張らずに」かくありたいのですが、なかなか・・・(苦笑)

[ 2010/09/02 11:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/283-73bb582b