熱戦

盛岡中央 VS 一関二
今日は、夏の高校野球岩手県予選を見てきました。

特に贔屓のチームを見たかったわけではなく、地元の球場で開催するから試合を見に行くといったところです。ちなみに場所は雫石町営球場。そうです!我々おっちゃんチームが先月に親善試合?を行った球場です(笑)。
---

今回のWCサッカーは熱戦から目が放せず、ついつい寝不足に陥りましたが、個人的にこれから盛り上がるのはなんと言っても夏の高校野球。我が母校の結果はもちろん、各県の地区予選の結果も気になるところです。春の甲子園で活躍した強豪校が予選で敗退!なんてことも珍しくありませんからね。ちなみに我が母校は宮城の予選2回戦で苦杯をなめました(苦笑)


さて、今日の観戦は、時間の都合で第3試合となる「盛岡中央高校」対「一関二高」戦。

試合内容は、盛岡中央の序盤からの猛攻で10-1の大差がつく一方的な展開。早い回のコールドゲームが予想されましたが、6回に劣勢だった一関二が一挙8点の猛烈な反撃を見せて1点差まで盛り返しました(笑)。

攻守入れ替わったきっかけは、中盤の盛岡中央高校のピッチャー交代と控えの選手の起用だったような気がします。相手をなめたわけでは無いのでしょうが、これで流れがガラッと変わりました。この辺りの微妙な流れの移り変わりが野球の、特に高校野球の醍醐味の一つでもあります。

結局、一関二高の反撃も届かずに、13-9で盛岡中央高校が2回線を突破しましたが、荒れた乱戦というよりは案外に見所の多い好ゲームでした。
13対9のスコアボード

さて、あといくつ熱戦を見ることが出来るでしょうか。

高校一年のとき、母校の野球部の活躍を思い出します。あれよあれよというまに強豪を打ち破り、甲子園を決めました。自分がやっている訳ではないのですが、全校が負けるわけがないという雰囲気だったことを覚えています。
[ 2010/07/16 22:17 ] [ 編集 ]

nekokenさん

甲子園に応援に行ったの?うらやましいです!
我が母校は全く縁が無くて、良くてもベスト8止まり。
しかもかなり昔の話です(笑)

岩手は公立進学高校にもチャンスがあるので
予選が面白いです。
[ 2010/07/17 07:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/279-c2eb6808