サクラマス元年(2010サクラマス・その13&14)

出遅れスタートとなった秋田のサクラマス釣り。

あれから2度ほど川へ足を運んだ。一度持ち直した川の水位は連日の好天で見る間に激減し、水温もかろうじて20℃を切るレベル。今までならとっくにさじを投げている状況だ。

それでも今年の僕は、サクラマスへと突き動かされる何かを感じている。

---

解禁日のサクラマスは、高い確率でバイトに持ち込める。それはそれで仲間とわいわいやりながらサクラマスに出会える貴重な一日だ。来年以降も、この特別な日に僕は川に立つだろう。

しかしながら、その特別な日から一晩経っただけで、それまでの盛況ぶりが嘘だったかのような沈黙が待っている。昨シーズンまでの自分なら、「活性の高い魚はもういない」「雨後のチャンスを待つべき」などと、もっともな理由を上げて、あえて無理をするようなことはしなかった。

ルアーでサクラマスを狙い始めてから7年。結構、効率良く釣り上げていたのでサクラマスのことを理解できていると思っていた。

---

しかし、この春から僕の周囲の事情が変化し時間の制約が多くなった。そうなるとこれまでのように、タイミングを見計らって好きな川に行けなくなった。

そこで思い知ったのが
・今までが楽に釣りすぎていたという事。
・時と場所が変わるだけで、これまでの積み重ねが全く通用しなくなるという事。
・サクラマス釣りというものが、とてつもなく難しく、かつ、面白いという事。

前エントリーでも述べたが、「低活性のサクラマスを如何に振り向かせるか」が当面の課題だ。何年かかるか分からないけれど、この分厚い壁を突き破りたい。

似たような思いでサクラマスを追いかけているアングラーがいる。米代川でサクラマスを男鹿で磯鱸スズキを狙っているhamさんだ。とても共感できる記事があるのでご紹介したい。
*旅するSD-003 >>> 「米代川サクラマス8


今年は僕にとってサクラマス元年だ。

私のように運だけで釣りをしているような男にはまだまだたどり着けない境地です!!尊敬します!!
もっと考えて釣りしないと!!
[ 2010/06/17 23:44 ] [ 編集 ]

ksf09さん

褒めすぎです(笑)
釣れない釣り師のたわ言ですから、
適当に読み飛ばしてください(笑)。
[ 2010/06/18 17:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/274-3691b638