フライ魂3

2月に紹介してから3ヶ月。再び山形の猫田さんから朗報が届きました。
(※過去関連エントリー>>>フライ魂2

見事、大本流でサクラマス65cmを手中にされました。

この時期の釣りは、田植え作業による濁りや日々変化する水量など、読めない要素が釣りを難しくさせますが、猫田さんの現場での対応力が今回の朗報をもたらしたものと想像してます。

詳細はケンサワダのトロフィークラブにアップされています。例によって、とくとご覧あれ。

ケンサワダ>>>トロフィークラブ2010
猫田氏のブログ>>>フライ釣り依存猫男の釣り生活 (←先月からFC2ブログに引越ししてます。)
ラーメンをおごりあえる仲間がいるって、うらやましいです(笑)

 ご紹介いただきましてありがとうございます。
 しかし、私の場合、釣れる釣れないはやはりいつも紙一重のような気がします。ということで、絶対釣るべくして釣ったというよりは、ほんとたまたま釣ったって言う実態の方が強いと思わずにはいられません。
[ 2010/05/19 08:40 ] [ 編集 ]

猫田先輩

確かに運や偶然が重なることがあると思います。
しかし、釣れる日に釣れる場所に立ち、
釣れる事をしない限り、「幸運」は訪れないと考えてます。
サクラマスは運次第だなんておっしゃる御仁もいらっしゃいますが、
運も実力のうちだと自分は考えてます(笑)
[ 2010/05/19 21:12 ] [ 編集 ]

そうですね。というところもやっぱりあります。
 水位が低いからといって表層ねらっててはフライには来なかったかも知れません。
[ 2010/05/20 06:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/264-23b4f656