スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロッドホルダー

相変わらず自由になる時間が少なく、自宅軟禁状態が続いております。

そんな中、仕事の合間にカヤックをいじくってました。
(※専門用語では、自分好みの船に仕立て上げる改造を「艤装」というらしい・・・)

内容は、お約束のロッドホルダーの取り付け。最低限これが無いと釣りに不自由しそうですからね。

①作業前の様子。ロッドホルダーのないノーマルターポンです。
作業前

あらかじめ様々なHPを覗いて、大まかな手順の学習と必要な物を備えました。

②準備したものがこちら。
準備品
左から、CODロッドホルダー2個、バスコーキング剤、リベッド(三又)8本、リベッター、自由錐ドリル、ヤスリ。

③ホルダー付属のパッドを利用して、型取ります。
型取り
楕円形です。

④自由錐ドリルで、直径の小さい方に合わせて穴をあけます。
ドリル
未使用のカヤックに穴をあける際は、勇気が入りますね(笑)。

⑤くり貫いたら、型に合わせてヤスリで補正。
穴の補正
まぁまぁ、いい感じです。

⑥コーキング剤を塗ったロッドホルダーを差し込みリベットをで留めれば作業終了。
出来上がり!
リベット打ちに少々てこずりましたが、最後にリベット穴にコーキング剤を詰め込んで完了。

素人の私でも簡単に出来ました。

---

ターポンのノーマル艇とアングラー艇の価格差は23000円。その内容差はフロントにあるロッドホルダー1個と、今回、私が取り付けた埋め込み式ホルダー2個の合わせて3個分です。

今度の艤装でかかった金額は、ロッドホルダー(1470円×2)、リベット(60円×8)と工具代の4000円。仮にフロントのロッドホルダーを取り付けたとしても充分にお釣りがきます。

DIYを楽しめる人ならノーマル艇で充分ですね。


さて、進水式は何時!?

純正品のような仕上がりですね!

進水式が楽しみです!

当然、釣果の方も!!!
[ 2010/04/05 01:14 ] [ 編集 ]

RUSHさん

慣れた人なら1時間もかからないで終わるような簡単な作業ですが、
私は自信が無いので、2日程かかりました(笑)

釣果にたどりつくまでは、まだまだ時間がかかりそうです。
気長に見守ってください(笑)


[ 2010/04/06 10:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/253-df46786d











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。