入庫

先週末のことになりますが、ターポンが来ました。

購入先はターポンの取り扱い店であるモンベルのWEBショップです。

盛岡には直営店があるので、当初はそちらで購入するつもりでした。しかし、やる気満々で(笑)こちらが出向いているのに、「在庫がごにょごにょ、送料がどうのこうの」と何だかはっきりしません。ちなみに店頭ではターポン120のスプルース(深緑)が展示中。こちらを売りたい事情があったのでしょうか・・・。渋めのスプルースもなかなか魅力的でしたが、大海原ではとても目立ちそうにないのでパス(海では目立つ方がベターと聞いていました)。

煮えきらないまま帰宅し、WEB部門をのぞいてみると、希望のマンゴーカラーがあるじゃないですか(笑)。さらに送料手数料はタダとなかなかイケてます。通常、カヤックの送料は地域にもよりますが、約8000円前後ですから馬鹿にできません。


いざ購入の段には、流石に迷いましたが、秋田在住のターポン乗りにして磯のエキスパートAKB-S10氏に相談メールを送信。力強く背中を押していただき、めでたく購入と相成りました(笑)。

---

さて送料無料とはいえ、流石に物が物だけに宅配は無理で「営業所止め扱い」。自分で引き取りに行かなければなりませんでした。

ところで車載方法は、使用していたTERZOのルーフボックス(ローライダーワイド)を生かしつつ、カヤックも積めないものかと悩みました。ルーフバーを延長し縦積みできるホルダーを取り付ければ何とか実現しそうでしたが、思いっきりバランスが悪くなりそうです(苦笑)。結局、ローライダーは外してシンプルに平積みすることにしました。ちなみに平積みなら、ラックパッド(バーに取り付ける保護パッド)1セットとタイダウンロープ4本だけ済むので初期投資を抑えられるメリットもありました。

---

で、注文から3日後には、ターポンがやってきました。
萌えマンゴー号(笑)
入庫先は、とりあえずこれからオフを迎えるスキーのチューンナップルーム。

床にこぼれ落ちているワックスには目をつぶりましょう(苦笑)。ほぼ端から端まで、場所を占有しています。来冬までに保管場所の確保が課題です。



AKB-S10氏から「萌えマンゴー号」という大変ありがたい艇名を頂戴し(笑)、デビューを待っています。

しかし部屋の外は、ただいま季節外の寒波で猛吹雪。

遠く西では春の選抜の熱戦が繰り広げられているというのに、今日は2回も除雪をさせられました(苦笑)。

萌えマンゴー号のデビューは、もうしばらく先の話になりそうです。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/251-33d11353