スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

激投ショア磯ジギング

貧乏暇無しとは良く言ったもので、このところ仕事は元より、いわゆる金にならない雑事にも追われ、当然のごとく新春!?初釣りもままなりません。

冬サクラマスの遡上はとっくに本格化し、実際に釣友の二人からも朗報が舞い込み、流石にジッとしていられない心境です(笑)

「来週あたりに何とか!」と画策中ですが、どうなることやら・・・。

さて、今日はフィールドに出られないもどかしさを解消すべく購入したDVDのご紹介です。

こちらがそれ。
激投ショア磯ジギング
「激投ショア磯ジギング」 presented by カルティバ

5名のショア磯エキスパートのテクニックを、オムニバス形式で披露してくれるものですが、中でも一番目を引かれたのは、UZU工房を主宰する新名啓一郎氏が「シンキングペンシル」でヒラスズキを攻略するシーン。
(※激投ショア磯ジギングのはずが、何故かそんなシーンがあり、しかも、ここが一番の見所だったりして!笑)

使用するシンペンは、おそらくUZUのチンパン。これを沖目にキャストし、トリッキーなアクションで遠目にいるヒラスズキにアピール。足元まで手早くリーリングした後、今度は払い出しに乗せて送り込み、追尾して来たであろうヒラにたっぷりと喰わせの間をつくる。ざっと説明するとそんな場面ですが、3連続のバイトシーンは圧巻。男鹿の磯スズキにも十二分に応用できるものと、思わず妄想が膨らみました(笑)

実はチンパンは以前から持っていたものの、今一つ使いこなせずにいました。

製作者本人の使用法(正に解答書)は目から鱗。答えを見て納得というのも情けない話ですが(笑)、おかげでルアーBOXのお飾りになりかけていた2個のチンパンを、来期は活用することが出来そうです。

---

もちろん、本来のショア磯ジギングシーンも、十分に見ごたえあり。

サラシのスズキが遠のいたデイタイムに、ショアサワラ、あわよくばブリを激投(笑)で狙えないものかと、こちらでも妄想が膨らみっぱなしです。
[ 2010/02/05 10:32 ] Book & DVD | TB(0) | CM(2)

シンペンの使い方に、そんな荒技があるとは・・・
勉強になりました!!!

明日、激投ショア磯ジギング!
探しに行って来ます(笑
[ 2010/02/06 22:04 ] [ 編集 ]

RUSHさん

荒技というより小技ですよ(笑)
それにシンペンのドリフトですから定番とも言えますが、
揉みくちゃのサラシの中では操作が難しいんですよね。(無理がある!)
画像を見て、どんな時にどう使えばよいか参考になりました。
[ 2010/02/07 12:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/242-c1319b56











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。