夏ヤマメ

ようやく仕事が一段落し、釣りに出かけられるようにもなりました。

今期は近場である雫石川と葛根田川をメインフィールドにし、心機一転ルアーフィッシングでビッグサイズのイワナ(アメマス)・ヤマメを狙おうと目論んでます。そんな私にとって待望の後半戦の始まりですが、本格的に狙い始めて2日目にして夢のスーパーヤマメに遭遇しました。

初日は葛根田川の下流域を愛車「セロー」で右往左往しましたが、主要ポイントには鮎竿が林立する状態。ほとんどロッドを振ることなく下見に終始しました。

2日目となる昨日は、夕方に家を出発。まずイワナ狙いで玄武洞上流に入渓しました。しかし川は先日の大雨の影響が色濃く残り、至るところに土砂が堆積している状態でした。早々に見切りをつけ前回に目星をつけていた下流のプールに移動しました。この時すでに二人の鮎師がお目当ての場所に入っていましたが、ラッキーにも川から上がってくる様子。

彼らが立ち去るのを見届け、しばし間を置いてから入渓。この頃にはすっかり陽は傾いていました。

ここはガンガン瀬から続く規模の大きいプール(トロ瀬)で、水深もまずまず。対岸にはテトラが入りいかにもビッグサイズの魚が潜んでいそうなポイントです(笑)。

まず開きからUPキャストで釣りあがりましたが、何ら反応もないまま白泡のたつ落ち込みに到達。ここからルアーを蝦夷50SからDコンタクト50にチェンジし、ダウンキャストに転じるとすぐに白泡の中から中型のヤマメが飛びついてきました(実はこれがルアー初の渓流ヤマメ)。

気を良くして更に釣り下ると、丁度プールの中程に沈み岩で生じるヨレがあることに気付きました。少しでも長くこのヨレに留まるようにとDコンをシェイクさせていると、いきなりルアーが引っ手繰られドラグ音が鳴り響きました。メソッドもファイトもまるでサクラマス釣りの感覚です(笑)。

重量感ある魚の引きに、使用していたスーパースティンガー60は弓なりになりましたが、それでも決して魚に主導権を与えることなくしっかりとトルクフルなファイトを受け止めてくれてます。ほどなく夕闇迫る渓流でネットに収まった魚は、36cmのビッグな雄ヤマメ!

本気で狙ってはいましたが、まさかこんなサイズが狙い始めて早々に、しかもウェーダーを必要としない夏の高水温時に釣れるとは思ってもいなかったので当の本人も驚きです(笑)。

さて、辺りはすでに暗くなり始めていたので、慌てて撮影体制にはいりましたが、当然こんなことになろうとは予期せずコンパクトデジカメしか持っていませんでした。結局、光量不足で満足のいく写真を撮れず、ある意味、千載一遇のチャンスをモノに出来ませんでした(涙)

ヤマメ36cm(1)
しっかりピンボケです(苦笑)

別カット(あ~これも・・・涙)
ヤマメ36cm(2)
NIKON COOLPIX5400

ところで20年のフライフィッシング歴ではめぐり合えなかったサイズに、こんなに簡単にルアーで出会えた事に、うれしさと同時に、これまでの20年は一体何だったんだという複雑な思いが去来します(サクラを釣った時もそうでしたが 苦笑)。

しかし3年間、ルアーでサクラマスを釣って、また今回のようにスーパーヤマメを実際に釣ってみて、なぜ私にフライでサクラやスーパーヤマメが釣れなかったのか解りかけてきました。そんなに大した事ではありませんが、後日、検証してみたいと思います。

---ヒットデータ---
日時:8/24 18:30
場所:葛根田川
ロッド:UFMウエダ/SSS-60Si
リール:ツインパワーMg1500S
ライン:ファイヤーライン8lb
ヒットルアー:スミス/Dコンタクト50(アカキン)

あれれー?やってますね~(笑
相変わらず岩手の渓はやってくれますね。
いやはや羨ましい釣果です。来年はルアーにしようかな

大きい流れには大きい魚がつきやすく
そんな流れではフライ(特にドライ)が効きにくい。
これは長年ドライフライをやってきた感想です。

先日Jamesさんと行った群馬の渓でも
イブニングで入った太い流れで大物の臭いはしましたが
ライズするのは小さめサイズばかり。
(それはそれで釣れないんですけど…)
もしかしたらあそこでルアーを放っていたら
深い底域からデカイのが出たかもしれません。ぬーん。

なんて考えたらまた釣り行きたくなった…
[ 2006/08/25 14:38 ] [ 編集 ]

いやはや何ともラッキーでした(笑)

おっしゃるようにサクラマスもスーパーヤマメも
でかいポイントに多いですが
着き場は意外とピンポイントに限られ
ルアーといえども精度を要します。

ところでルアーに興味がお有りのようですが(笑)

フライでしか釣れない魚
(もしくはフライだから釣れた魚)と
ルアーでしか釣れない魚
(もしくはルアーだから釣れた魚)に
大まかですが分けられると思うのですが、
圧倒的に後者の方が多いというのが実感です。

更に飛距離・レンジの自在性で分のあるルアーは
「魚との距離」がかなり縮まります(笑)

私はどちらの釣りも大好きですが
今はフライでしか釣れない魚より
ルアーでしか釣れない魚を狙っています。
[ 2006/08/25 17:18 ] [ 編集 ]

さぶろくのオスヤマメとはすげーの釣ってますな。
この渇水期に、「やってるなー」って思いました。
私はきのことり三昧。
 わたしもやってみっかと思いました。
励みになりました。
[ 2006/08/29 06:37 ] [ 編集 ]

「鮎師がほとんど」「雨上がり」
などが重なり、とにかくラッキーでした(笑)

さて、きのこはこれから本番、
というかもうすでにお忙しいご様子ですが
益々のご活躍を期待しております。

[ 2006/08/30 09:51 ] [ 編集 ]

はじめまして、かしおさん。
いや~凄いヤマメですね。36cmとは羨ましい限りです。僕の住んでる北海道でそんなの釣れたら大変な騒ぎです。
これからもちょくちょく寄らせて頂きますので、よろしくお願いします。
[ 2006/09/09 22:38 ] [ 編集 ]

720studio_wsさん
コメントありがとうございます。
(友人以外では初コメントなので、喜んでおります)

さて、北海道にお住まいですか。
普段はどんな釣りをされているのか気になります(笑)
機会がありましたらお聞かせください。

それでは今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2006/09/10 09:10 ] [ 編集 ]

普段の釣りですか?比較的川に恵まれた地域に住んでいますので、川でヤマベ、アメマス、ニジマスなどを自作ルアーで釣っております。
[ 2006/09/12 01:46 ] [ 編集 ]

720studio_WSさん
自作ルアーですか(凄い!)
興味はありますが、
私にとっては雲を掴むような話です。
[ 2006/09/12 23:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/24-ff6d3b98