無残な一日(2009スズキ第13戦)

10/4、仕事が終わってから一路、男鹿を目指しました。

自身の釣りの軌跡を残すことを由としてブログを続けてきましたが、今回ばかりは、記録を躊躇うほど散々な釣行でした。

自らの恥をさらすようですが、自戒を込めて振り返りたいと思います。
(出来ることなら続きを見ないでください!笑)
---釣行記---

3日夕刻、仕事中に、Na.Craftのyukiさんよりメールが入る。この日の磯で、エキサイティングなゲームを堪能した様子。(※詳しくはこちら

良い話が現実となることが極めて稀であることは、重々承知しているのだが、誘惑には抵うことが出来ない。yukiさんとご一緒する約束をかわし、ノコノコと出撃することに・・・(苦笑)。

4日、朝の仕事を終え、、そそくさと出発!

道中、シュラフを忘れたことに気付く。一旦、家に戻ることも考えたが、まだそんなに夜の冷え込みは厳しくない時期である。現地で安物を手にいれれば、何とかしのげるだろうと判断し、そのまま車を走らせる。

船越のスーパーセンターに立ち寄り、シュラフを求めるが、何と在庫はジュニア用のみ(苦笑)。値段は998円。とりあえず寒さはしのげそうだし、他で探し求める時間がもったいないので、結局、これを購入。今、思えば、この辺から暗雲が垂れ込め、この先の展開を暗示していたのかもしれない。

---

yukiさんとの待ち合わせ場所に向かう途中、怒号の波に向かうあるSさんを発見。思わぬ展開でSさんも合流することとなる。私にとっては、秋田の凄腕アングラー二人と釣りが出来る又とないチャンスとなった。

正午、現場着。3人で西磯の探索を開始。

波とサラシは十分だが、反応がないまま時間が経過する。yukiさんのサイトをご覧いただくとお分かりの通り、前日に数釣りが出来たと言っても、ポイントとパターンは極めて限定されている。まだまだ、「サラシさえあれば釣れる」というほど甘くはない。言い換えれば、そんな状況下でも攻略パターンをしっかりと見つけ出すところが、yukiさんらしく、やはり流石である。

さてさて、こんな具合で探索。
荒波に挑む!
ここまでは、楽しく充実した半日だった(笑)。お二人ともありがとう!

---

日没近くまで探索を続けた後、皆さんと別れる。結果は出なかったが、ふたりの磯スズキにかける真摯な姿勢に触れることができた事は、大きな収穫であった。

さて、私一人ポイントを移動し、延長戦に突入。夕刻の時合もチェックしたかったし、何よりも、2戦連続ボーズは、避けたかった(笑)。

北磯でひとまず腹ごなしをしていると、見るからにヤバそうな雲がこちらに向かって来て、たちまち土砂降りとなる。

振り返れば、これこそ正に暗雲であった。

雨は一向におさまる気配がなく、とりあえず先に夕食を済ませようと、移動しかけたところでメールが入る。車を脇に寄せようと、ハンドルを左に切った瞬間、

ガコン!と衝撃。

不覚にも左前輪が脱輪し、身動きが取れなくなってしまった(とほほ)。JAFのレスキューのお世話になり、自由になった時には、1時間半が経過していた。

これですっかり意気消沈。大人しく飯を食って寝ることにする。

相変わらずの雨の中、移動を再開。初めての場所だったが車中泊に手ごろな場所を見つけ、車をバックさせていると、今度は、

ガキッ!という二度と聞きたくない音が鳴り響く。

目視できなかった突起物に接触し、テールランプが破損していた(はぁ~)。

まさに身(車)も心もボロボロの事態である。こうして事の顛末を打ち込んでいる今は、何とか平静を保っているが、当時はショックで立ち直れなかった。

---

さて、一度ならず、二度も不覚の事態を招いたということは、確実に気の緩みがあったと言える。判断ミスが命にかかわる磯のゲームに置いては、あってはならぬ事であり、これを戒めに、自らの行動を律していかなければと大いに反省しているところである。



翌朝ですか?

実は性懲りもなく一叩きしましたが、当然!?女神にもすっかり愛想を尽かされ結果は無し。

長々とお粗末様でした。
[ 2009/10/06 10:20 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(8)

タイトルからして海に落ちたとか大波くらったのかと思ってドキドキしちゃいました(笑)
トラブってもぶつけても翌朝にはきっちり釣りをする・・・釣り人とは、こうあらねばならないのですね。
勉強になります(笑)
[ 2009/10/06 18:07 ] [ 編集 ]

七衛門さん

もしかして期待を裏切りました?
でも落水だけはご勘弁です(笑)

恥かしい釣り師の真似はしないよう
ご注意ください(苦笑)
[ 2009/10/07 07:02 ] [ 編集 ]

当初来る予定でなかったところを半強行的に来秋させてしまったのではないかと少し心配しております。
無理やりの釣行によくありがちな、忘れ物、ライントラブル、道具(車含)の破損、事故、そして怪我等。
今回はもしかして急遽だったため気持ち半ばの状態での釣行だったのではないでしょうか?十分気をつけねばなりませんね。
来るはずの連絡が来ずどうしたかと思えば災難に見舞われておったわけですね。ショックな気持ちお察しいたします。
今週は予報通り風神様の到来です。好転を祈りながら、またご一緒するごくごく近い将来をたのしみにしております。
加えて、いい写真風景ですね~。
[ 2009/10/07 22:37 ] [ 編集 ]

yukiさん

ご心配をおかけし、恐縮です。
おっしゃる通り、気持ちがそぞろだったのかもしれません。しかし、全て私の責任ですから、どうぞお気になさらずに!むしろ声を掛けていただいたことに感謝しております。高い代償を伴いましたが(苦笑)、収穫は大きかったのですから。

さて、台風後は、どのように状況が変化するのか楽しみですね。謹慎しながらも(笑)、皆様からの朗報を楽しみにしております。

※いい雰囲気で撮れてるでしょう!私も気に入ってます。
[ 2009/10/08 09:23 ] [ 編集 ]

何度見てもいい写真です。
対自然の人間の小ささ、そしてそれに向かう人間。
危険なゲームですが、この男臭さがいいじゃないですか!
[ 2009/10/08 20:42 ] [ 編集 ]

yukiさん

ありがとうございます!
この状況に対して感情移入出来るのは、実際にやっている人だけだと思います。そんな人にお届けするつもりでUPしたので、反応があってうれしいです(笑)。

※磯のシーバスゲームに挑戦してみたい方へ
ご覧の通り、磯は危険を伴う釣り場です。安全に楽しむためには、十分な装備とリスク回避の意識が必要であることを申し添えておきます。
[ 2009/10/09 08:50 ] [ 編集 ]

cassioさん、こんばんは

遠征される方の思い入れの”強さ”を感じました!

今後は真摯に向かいます!!!


写真のアングル良いですね!

全てに感服しました!!!
[ 2009/10/16 03:24 ] [ 編集 ]

RUSHさん

こんにちは
思い入れは確かに強いですが、中身はお粗末そのものです。
もっと地に足をつけた行動をしなければと反省中です。
RUSHさんも、くれぐれも気をつけて、釣りを楽しんでください。
良い釣りを♪
[ 2009/10/16 09:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/229-da995f2e