スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦地の休息(2009サクラマス第8戦その2)

朝の2時間の釣りが予想外に好調で、目的はほぼ達成。

気分は楽になったが、皆の貪欲さは相変わらずだ(笑)。主要ポイントの探索を続ける。

朝のポイントから1kmほど上流のエリアに3人で移動。ここでは、それぞれ思い思いの場所に散る。

私は荒瀬のブッツケで上流側はテトラ帯、下流は護岸という、これまで好んでやらなかった場所に入った。
テトラに乗ってガンガン瀬から釣り下る。

何事もなく、流れがマッタリとした開きまで来たところで、回収するルアーにギラン!とサクラのアタックがありショートバイト。

完全に気が抜けていた!反転時の白い腹が目に焼きつく。

しばし間隔をおいて、トゥウィッチングで誘うも反応なし。

ルアー回収時のアタックだったので、ファーストリトリーブのU字ターンで誘うと、淵尻の沈み石から飛び出してきたサクラが、またもやチェイス&反転。

ここまでルアーはディープフィート90MD(ヤマメ)。MDといっても、このルアーの泳層は浅い。レンジがあっていないと判断し、シュガーディープ90(ヤマメ)を、同じように泳がすが反応無し。

今度はレンジが深すぎて、後方から目に入らぬか?

ならばと、ここまでの中間レンジを泳ぎきるチェリーブラッド90MD(BBレインボー)をチョイス。

ダウンクロスにキャスト。しっかりと水にかませて深度を稼ぐ。

沈み石の上手でターン。

すると後方から突進してくるサクラが目に入った瞬間、ドンと来た!

今度はしっかりフッキング。

ただし、完全に追い食いなので無理はできない。なるべく浮かさぬようロッドテンションを調整。いつもよりジックリと時間をかけてランディング。

ネットに入った瞬間、フックアウトした。

この日の2本目は、54cm。
54
婚姻色が浮き出た、やせた個体だった。

こんなに成熟した個体でも、何度もアタックしてくるとは・・・。

ところで、サクラマスのチェイスからフッキングまでを、目にするのは初めての事だった。これは良い経験になった。何が良くて何が悪いのか、判らない事ばかりの釣りだが、ほんの少しだけ経験を積み上げられた気がする。

---

この後、、探索を続けるも、次第に身体の筋肉がこわばり背中と腰が痛み出す。

無理もない。朝の4時から釣りを始めて、午後の2時までの10時間、昼食を挟んでぶっ通しだ(苦笑)。

精力的に動き回る仲間を尻目に、とうとう力尽き小雨降る護岸帯で横になる。

ベトナムの熱帯雨林で、雨に打たれながら休息する米兵の写真があったな、とぼんやりしているうちに、意識を失う。

その3につづく

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/211-5a63a4ec











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。