出会い(2009スズキ第3戦)

昨日の昼から今朝まで、再び男鹿に行ってきました。

今回は南西の風が主なので、期待が持てそうです。(前回は北西)

例によって子供達の送迎後、男鹿に進路変更。昼頃、到着しました。

直後の鵜ノ崎の様子。
鵜ノ崎の様子
この時点では、またまた風は強く、波も手ごわいレベル。

何とか立てそうなところを見つけてランガンしました。
---釣行記---
波は、まだまだ3~4mと高く、ときおり強烈なウネリがやってくるので、無理はできない。

なかなかグッドタイミングに遭遇できないが、こんな事にも慣れっこになってきた(笑)。

それに、ただ手をこまねいているばかりでは芸がないので、今回はナイトゲームも視野に入れて準備をして来た。

結局、この日の午後は、西から南方面の磯を足早に叩いたものの、結果は出ず。夕方を迎えた。

鵜ノ崎の駐車場で、デーゲーム用のタックルを片付けていると、ウェットを身にまとったアングラーがやってきた。会話をしてすぐに、男鹿磯のパイオニア的存在であることが分かった。

こちらがナイトをやるつもりであると告げると、親切にも有望ポイントを紹介してくれた。こちらからは何も提供する情報ないので、一方的に貴重な話を伺う(笑)。いろいろと話が弾んでいるうちに、たちまち日没となり、互いの再会を約束し分かれることに。

さて、紹介されたポイントへ大きく移動をし、ナイトゲーム開始。

そこは全く初めての場所にもかかわらず、日没でポイントの形状が把握できない(苦笑)。勘を頼りに足場を決めて、キャスト開始。

すると、なんと3投目で、今期初ヒット

残念ながらこれは、エラ荒い一発であえなくフックアウト。

こうも簡単に魚がでると、エキスパートの引き出しの多さに感心する一方、まったくノーマークだった今までの自分が情けなくなってくる。しかし、これで活性が上がったのも事実(笑)。空腹を堪えて奥へ奥へとランガン。

しかし、奥に行くほど夜光虫が多くなり、潮が効いていないと判断。再びバラシたポイントに戻り、同じコースを何度もトレース。暗闇の中でも、しつこく撃っているうちに、次第に周囲の様子が分かってきた。どうやら藻の密集ポイントがブレイクになっており、その向こう側でバイトがあったようだ。

何投目か、そのブレイクにさしかかる直前に待望のヒット。

藻の上をゴリ寄せ、何とか今期の初キャッチ
60サイズ
サイズは、手尺で60cmといったところ。

この日、おろし立てのSTB-962HS-Tiにも、めでたく魂が入った(笑)。

その後も、しばらく回遊を待ったが、ヒットは続かず、早朝勝負にかけることに。残念なことに、朝の所有時間は30分、無理しても60分と言ったところ。7時までの帰還命令が嫁さんより下されていたが、状況が好転と分かっている朝マズメをやらずして帰るわけにはいかない(苦笑)。

---

仮眠後、程よいウネリの残る南磯に立つ。少々焦りつつ、ナイトの道具立てのまま、薄明の平磯でキャストを開始。

磯際は無反応。やや沖目のサラシを狙うと50cmクラスが連発!
(※岸辺に戻って撮影する時間が惜しいので画像は無し)

更なる連続ヒットとサイズアップを目指してランガンするも、たちまち制限時間を使い果たしタイムアップ(涙)。せめて日の出までは、やりたかった・・・。

好条件の磯に、後ろ髪を引かれる思いで帰宅となった。


というわけで、延々と長くなりましたが、何とか今期初の本命魚に出会えました。全て、偶然にお会いしたアングラーSさんのおかげです。この場で恐縮ですが、あらためて感謝を申し上げます。また、最後に彼が言った男鹿開拓のキーワードが、今でも胸に響いてます。この貴重なヒントを胸に刻み、自分なりの答え探しを続けたいと思います。

今回は、釣果以上の収穫がありました。
---ヒットデータ---
日時:5月19・20日 12時~4時
場所:秋田男鹿磯
天候:晴れ、風:南西、波:3~1.5m
釣果:フッコ3本
ロッド:UFMウエダ/STB-962HS-Ti
リール:ダイワ/セルテート3000
ライン:ファイヤーライン18lb+バリバスVEP30lb
ヒットルアー:ザブラシステムミノー139Fシャロー(ローリングフラッシャー)
[ 2009/05/20 10:34 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(10)

今日男鹿磯へ行ってきましたが、シーバスはノーバイトでした。インチクでアイナメ53センチをゲットで坊主は免れましたが、ポイントがよく分からず根掛かりでロストなど磯の難しさを痛感(-_-)ポイントはどの辺なのかヒントでも良いので教えて頂けませんか?鵜の崎と潮瀬崎に行って参りました。
[ 2009/05/21 13:08 ] [ 編集 ]

HAYAさん 53cmのアイナメ、凄すぎです(笑)
 さて、今日の磯の条件なら、おそらく誰がやっても厳しいと思います。磯ゲームにおいて必要なのは、1に波(サラシ)・2にベイトだと考えています。鵜ノ崎を例にとるなら、南西または南東の風で1.5~2mくらいのウネリが生じ、サラシている場所が狙うべきポイントとなります。ですから、天気予報の監視から、すでにゲームが始まっているとも言えるのです(笑)。
 当然、風向きが変わると、狙うべき場所も変わってきますので、それを見極める能力が必要になりますが、こればかりは、経験が必要になりますね。(かく言う私ですが、しょっちゅう読みを外しています、苦笑)。
 なかなか一筋縄では行きませんが、磯ゲームには風・波・地形等のパーツで、パズルを組み合わせるような地道な楽しみがあります。それが実を結んで、ゴン!と来たときの快感が、このゲーム最大の魅力だと思います。 
 まずは、上記の条件の日に、鵜ノ崎や潮瀬へ通いつめてください。徐々ではありますが、確実に視野が開けると思います。頑張ってください!
[ 2009/05/21 14:15 ] [ 編集 ]

CPS-112用にリールも新しくしましたので、時間と天候を見ながら通いたいと思います。
[ 2009/05/23 14:11 ] [ 編集 ]

HAYAさん
例えば今日の秋田沿岸は、南西の風、波2mですから、まさに先の条件を満たしている日だと思います。
[ 2009/05/23 14:45 ] [ 編集 ]

なるほどm(_ _)m今日のような日を狙って行きたいと思います。ちなみにSTBの使用感はUCなどに比べて如何な物でしょうか?
[ 2009/05/23 15:20 ] [ 編集 ]

男鹿磯、良いですね。
福島は、海すら遠くてテトラがてんこ盛りです・・・
Sさん、青森から秋田に通っていた10年程前に何度か一緒に釣りしたことがあります。
運河でも磯でも、釣りが上手い方です。yukiさんも昨秋に出会っているみたいですよ。
[ 2009/05/23 16:55 ] [ 編集 ]

HAYAさん
STBですが、メーカーでは磯マル用と謳っていますが、私はナイト&リバーゲーム用として購入しました(ついでに本流サクラ!笑)。
印象ですが、最新のマテリアルの恩恵か?ティップは繊細でありながらシャッキリしており、バットパワーも十分。私にとって磯マル用戦力ではなかったのですが(笑)、フッコが中心のこの時期なら、存分に楽しめそうです。でも、もちろん夏以降はUCかCPSに持ち替えるでしょうね。
[ 2009/05/24 08:07 ] [ 編集 ]

もっちゃんさん
20台までは宮城に住んでいたので、新地や相馬あたりでイシモチの投げ釣りを楽しん事があります。たまに外道で(笑)シーバスが釣れましたが、サイズはフッコ以下で秋田の比ではありませんでしたね。いろいろとご苦労は絶えないと思いますが、持ち前の開拓精神で新境地を切り開いてください。(何だか偉そうにすみません)
Sさんですが、お話を伺っているだけで、私なんかとの経験値の違いを痛感しました(笑)。
[ 2009/05/24 08:21 ] [ 編集 ]

男鹿でウェットを着たSさん…
誰に会ったかわかるような気がしますな(笑)
[ 2009/05/24 22:17 ] [ 編集 ]

猫あたまさん
お察しの通り、猫あたまさんを良~くご存知の方でした(笑)
[ 2009/05/25 07:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/207-71c181b5