リベンジを期す その1(2008シーバス第12戦)

今週は秋らしい穏やかな日が続きましたね。

こんな時に思い浮かぶのは、ナイトゲーム。

目的の場所は、昨年、ランカーサイズの捕獲に失敗したあの場所。
※関連エントリー 「2007シーバス第12戦」  「曲げて獲る(2006シーバス第8戦)」

悔しい思いを引きずっていたので、いつか借りを返そうと闘志を燃やしていました。

昨年の釣行記をご覧いただければ、ポイントの概略はだいたい見当は付くかと思いますが、ターゲットはテトラ際にタイトに張り付いているシーバス。

まず厄介なのは、
1.暗闇の中で向こう30~50mのテトラ際に正確にキャストしなければならない事。ルアーの着水がテトラから1m離れるとまずルアーに反応しません。
2.運良くテトラ際へのキャストが成功してもアピール距離がとても短い事。
3.最大のネックが、背後のテトラと周囲に密生する藻がおりなすストラクチャーの存在。

そこで、私が打ち出した対策は(笑)
ガチンコタックルでの、シンペン打ち

何のことはありません。パワフルロッドでシンキングペンシルを打ち込み、フォール&リフトで食わせるという至って単純な作戦です。

果たして結末は、・・・(続く)
[ 2008/10/04 10:45 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(2)

なんだかワクワクしますねー!!
戦術的な釣りなんですねー(驚)

素人の質問なのですが、シーバスが着いていると思われる側のテトラの上からダウンやダウンクロスで狙うってやり方はないのですか??
夜は危険ですかね(汗)

なんにしろ経験がないのでうらやましいなー!!
私の地区からだとおいそれと行ける距離ではないので・・・
出不精なだけなんですけどね(笑)

釣果楽しみです!!
[ 2008/10/04 22:18 ] [ 編集 ]

ksf09さん 鋭い質問です(笑)
そうなんですよ。上に立ることが出来れば、テトラ際に対して平行にルアーをトレースすることが可能になるんですが、それが無理なんです。
まぁ、沖堤見たいなもんで、ウェーディングでギリギリまで近づいて件の距離になり、こちらはそこで身動きが取れない、そんな場所です(笑)。

釣果は期待しないでください!(つまり・・・苦笑)
[ 2008/10/04 23:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/172-3516917c