ストーブリーグ開幕!まずは戦力外通告?

岩手山は、ますます真冬の様相を呈してきました。

熱きシーバス戦線もひとまず終了!今シーズンは、磯のマルスズキ狙いにはまってしまい、リバーもサーフもほとんどやらず仕舞いとなってしまいました。もちろん来シーズンも磯がメインフィールドになることに間違いないでしょう(笑)

さて、来るべきシーズンに備えオフシーズン中にやらなければならないことが結構あります。まず、酷使したタックルのオーバーホール。特にリールは何度か海水に没っしたので、放ってはおけません。リールはメーカーにお願いするつもりですが、その他、ウェア&ウェーダーの塩抜きとリペアも重要課題です。

そして、ルアーの点検です。釣行毎に一緒に風呂に入り(笑)、塩抜きをしていますが、使用頻度の多いルアーのフックの錆びはどうしても防げません。また、錆びていなくとも、磯という厳しい環境で使っているので、フックポイントが甘くなっている場合も多々あるのでこちらのチェックも厳密にしなければ本番で痛い目にあいます。ちなみに私はフックに気になる点があれば、即交換です。他にもアイがあらぬ方向に曲がっていたり、リップにヒビが入っていたり・・・etc

さて画像のルアーですが、ペンシルではありません(笑)。
討ち死に?
磯で奮闘中にリップが折れてしまったルアー達です(涙)。上からタイドミノースリム175、140、タイドミノーサーフ135と私が磯でメイン使用しているDUO製ルアー達です。タフコンディション下でのルアーの飛距離・泳ぎが秀逸で、また何といっても私のような田舎暮らしの者にとって入手しやすいということもあって一軍先発ルアーの座を長らく守ってきました。

しか~し!今期、同様の事故が相次ぎました(苦笑)。厄介なのは原因がよく分からないという点で、使用中にいつの間にか泳ぎがおかしくなりリップの損傷に気づくというパターンがほとんどです。原因としてはリーリング中のボトムノックピックアップ時にエッジにかまれた事が思いつく程度で、キャストミスで岩に叩きつけたのならいざ知らず、どうにも納得できません。

友人にいたっては今期8本の、名誉の戦死があったとか・・・(慰めようがありません)。

最も頼りにしているはずの、しかも時価2千円相当のルアーが(笑)、現場で戦闘不能におちいるショックは大きく、磯のルアーにはまずそれ自体がタフであることが必要不可欠だと考えて直しています。

このぶんでは来期の戦力構想からはずれるケースもありえますが、かと言ってタイドミノースリム140&175は、リップの弱さに目をつぶれば能力の高いルアーだけに、簡単に踏ん切りをつけることも出来ません。というわけで磯用一軍ルアーの再検討も、この冬の重要懸案事項となってしまいました。

こちらはモンスターに噛み千切られたルアー、もとい不名誉な戦死者です(笑)
名誉の戦死
これは明らかに私のキャストミスが原因で、17.5cmのはずが、回収したら9cmミノーになっていました・・・(苦笑)
[ 2007/12/03 16:52 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(3)

タイドミノーはこれさえなければ最強なんですけどねぇ。
特にスリム系はやばいっすね、俺も男鹿と雄物川で20本くらい同じ目にあわせてますwでも同じくヘビーローテのアイルマグネット120dietや、ショアラインR50は割れたことないです。
タイドミノースリムでしか食わなかった事って結構あるから、我慢して使ってるんですけどね・・・。
[ 2007/12/03 21:01 ] [ 編集 ]

修理

私は125スリムとSL14が戦死。基盤を買ってきて加工して修理しようと思っています。
[ 2007/12/04 00:59 ] [ 編集 ]

●猫頭さん
確かにいいルアーに間違いないんです。安定した飛行姿勢が生む圧倒的な飛距離。タフコンの多い磯では、何よりのアドバンテージになりますが、如何せん重大な○点が(笑)。ちょっと扱い方を考えちゃいます。

●nekokenさん
黙って手をこまねいているのも癪なので、私も再生を試みてみましたが、なかなか思うようにいきませんでした。良い方法がみつかったら教えてください。
[ 2007/12/04 12:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/107-e8a9c02a