シーバス第13戦(男鹿半島)

日に日に寒さが増し先月から続けている男鹿磯詣でもいよいよ終盤です。残されたチャンスは来シーズンの足固めとして西磯の開拓に費やすつもりと前々エントリーで宣言しましたが、今週の13日にようやくそのチャンスが訪れました。

前日に弱いながらも三陸沖を低気圧が通過し、それに伴い日本海も荒れました。前日の波高が4m、13日当日の予報は3~1mと急激に波が収束するというものでした。

13日朝、西面の様子です。
西面の様子
外洋に面したところは分厚いサラシが出来ていましたが、時折り高波が押し寄せ身の危険を感じます。勿論、そんな場所には立たず、潮流の裏側に出来たサラシ、スリット、ワンド内を中心に叩いてみました。

まず最初に入った場所で、いきなりイナダが連発。そのイナダの猛攻が収まった途端、友人にヒット!重量感あるファイトに本命であることを確信、カメラを取り出しました。
本命のヒットシーン
ウネリが押し寄せ波飛沫をあびながらのファイト&撮影です(笑)。無事にランディングした魚は本命シーバス75cm。西磯開拓2回目にしてうれしいヒットでした。次いで私にも60cmクラスがヒットしましたが、これはあえなくバラシ!どうも今シーズンはバラシが多いです(苦笑)

午前中の成果。
シーバス75cmとイナダ
何といってもうれしいのは、仲間内で初めて西磯で本命を確保した事と、この日のポイント選択が間違っていなかった事です。これまでの南磯での修行が無駄ではありませんでした。

この日は、午後に友人にヒットしましたが、残念ながらバラシで終了。

翌日は夜明けととも釣りを開始しましたが、どこもサラシが弱く、前日とは一転して厳しい状況でした。
切り立った磯場から
サラシを求めてこんなアクロバティックな釣りも展開しましたが、シーバスのコンタクトは得られませんでした。

釣果はさておき新たなるポイントを探したいところでしたが、前の日のラン&ガンで、体力をほぼ使い果たしていたので、我々としては珍しく(笑)、午前中早々に西磯を撤退しました。


---ヒットデータ1---
イナダ:40~45cm2本
日時:11月13日 9時00~30分
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:UFMウエダ/CPS-133EX-Ti
リール:ダイワ/セルテート3500HD
ライン:ファイヤーライン25lb+フロロリーダー30lb
ヒットルアー:DUO/タイドミノースリム175(ブラックバックイワシ)
[ 2007/11/15 11:10 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/104-48b3723e