シーバス第11戦(男鹿半島)

30・31日、再び男鹿半島を目指しました。今月4回目の釣行です。一回の釣行につきガソリン代・食費などで約1万円の出費になりますから、流石に回数がかさむと、ただでさえ軽い財布の中身が益々軽くなってしまいます。勿論、年中こんな事をやってはいられる訳もなく、10・11月だけの楽しみとして家族に了解を得て(見放されて)います。

さて、現場は予想を上回る荒れようです(苦笑)
波高3m

波高は約3m。水平線が見えなくなるような波が眼前に迫ります。幸い砕けた波は斜めにスルーしていくので、何とか立っていられますが、真正面からこられたら一タマリもありません。波頭にシーバスのシルエットが浮かび上がらないかと観察しましたが、捉えきれませんでした。

この日の実際のポイント。シャローポイント
普段のポイントとなる磯際からは、約30m程さがったドシャローです。いつもは行き来するこの場所にサラシとともにシーバスが入ってきます。ただ常時ここに魚がステイしているかというと案外そうでもないようです。波とサラシの様子を見てタイミング良くルアーを通さないとバイトに持ち込めません。砂浜のサーフの釣りに似ていなくもありません。

はじめタイドミノーサーフ150(レッドシャイナー)でショートバイトが数回(苦笑)。得意のプレスベイトにチェンジし本命76cmをゲット。この魚、サイズの割りに太っていて、体重は80オーバークラスの4.6kgでした。
シーバス76cm(4.6kg)
次々と押し寄せる波の合間をぬって何とか撮影。構図を考えている余裕はありませんでした(と言い訳)。

その後、60サイズを一本釣ってこの場を撤収。超タフコン時のポイントを求めてウロチョロしましたが、入れそうな高磯には西から流れてきたクロダイ師に占拠されて入ることが出来ず、平磯を転々としましたが新規開拓は成りませんでした。

翌日は一転してベタ凪。早朝、僅かに残ったサラシ周りで66cmがでましたが、予定調和というか、予想通りの結果に拍子抜け。これを機に南磯での修行は終わりにして、西磯への転戦を決意しました。

加茂・戸賀・入道崎エリアで構成される西磯は自分にとって未知の世界。今後はこちらの開拓に本腰をいれたいと思います。

まずは手始めにこんな場所に入ってみました。
西磯
南磯とは違った豪快さがあります。これまで積み重ねてきた経験がどこまで通用するのか自分でもわくわくしています。


---ヒットデータ1---
シーバス:76cm
日時:10月30日 6時00分
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:UFM/CPS-133EX-Ti
リール:ダイワ/セルテート3500HD
ライン:ファイヤーライン25lb+フロロリーダー30lb
ヒットルアー:DUO/プレスベイト105HD(レッドシャイナー)

---ヒットデータ2---
シーバス:60cm
日時:10月30日 6時30分
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:UFM/CPS-133EX-Ti
リール:ダイワ/セルテート3500HD
ライン:ファイヤーライン25lb+フロロリーダー30lb
ヒットルアー:DUO/プレスベイト105HD(レッドシャイナー)

---ヒットデータ3---
サワラ:48cm
日時:10月30日 14時30分
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:UFM/CPS-133EX-Ti
リール:ダイワ/セルテート3000
ライン:ファイヤーライン18lb+フロロナイロンリーダー30lb
ヒットルアー:DUO/タイドミノースリム175F(ブラックバックイワシ)

---ヒットデータ4---
シーバス:66cm
日時:10月31日 6時00分
場所:秋田県男鹿半島地磯
ロッド:UFM/CPS-133EX-Ti
リール:ダイワ/セルテート3000
ライン:ファイヤーライン18lb+フロロナイロンリーダー30lb
ヒットルアー:エイムス/アローヘッド120F(チャート&オレンジ)

[ 2007/11/01 16:25 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/102-67a6a196