リールメンテナンス

ふだん私が磯で使っているリールはセルテート3000セルテート3500HDの2機種です。使用機会は300gをきる軽量ボディながらトルクフルリーリングが可能な3000が圧倒的に多いです。先日の釣行後、注油しようと手にしてみると、その3000の回転がおかしい事に気がつきました。

ハンドルを回すとゴリゴリといって、ストッパーをフリーにすると順回転しなくなります。どうやらワンウェイクラッチ(以下、クラッチ)の塩噛みのようです。

実は2機種ともシーズン後のオーバーホールでクラッチの交換を要した経歴がありますが、シーズン真っ只中の現在、メーカーにメンテナンスを依頼している時間的余裕はありません。

それで本意ではありませんが、自分でクラッチの様子を見てみる事にしました。スプールを外しスプール台座関係の部品を分解、ローターナットを外し、ローターを引き抜くと、目的とするクラッチの格納部分が現れます。ここを覆っているリテーナーを取り外すと、塩の結晶だらけとなったクラッチが出てきました。
セルテートの分解
たったこれだけの分解でクラッチの出てくるのですから、むき出しの状態に近いものがあります。これでは磯の酷使には耐えられないだろうと納得しました(笑)しかし、考えようによっては、メンテが楽な分、気軽に分解&洗浄が可能だともいえなくもありません。これをどう捉えるか人それぞれでしょうけど、私は良い方に解釈することにしました(笑)

部品が共通する2500Rからクラッチを移植すると、予想通り快調そのものに復活です。2500Rは来春のサクラマスシーズンまで出番が無いので、クラッチはそのまま3000に装着したまま組み上げ、後は釣具店に2500R用クラッチの取り寄せを依頼し一件落着です。

さて問題のクラッチですが、このままでは面白くないので(笑)、自分で洗浄をしてみる事にしました。洗浄オイルに浸すと、案の定、出るはでるは塩の結晶が!(いやはや)。オイルではとても洗浄しきれそうにないので、途中からぬるま湯に浸して塩を溶かすという荒業に切り替えました(笑)念入りな洗浄と乾燥ののち、オイル(シマノ製がいいらしい)を注油したら、とりあえず問題なく復活しました。取り寄せパーツを保険に、しばらくはこのまま使用出来そうな感じです。

※デリケートな部品なので、私がやったことは真似されない方がよろしいかと存じます・・・(笑)

長年クラッチの塩噛みに悩まされていたので、防水のステラSWソルティガなんかの購入も一時頭をよぎりましたが、今回の経験で海水に弱いセルテートでもマメにメンテを行えば磯の酷使に十分耐えうることが分かりました。
[ 2007/10/29 11:08 ] ソルトウォーター スズキ | TB(0) | CM(3)

リール分解、楽しそうですね。
スピニングは何かの拍子にベールの小バネが飛びそうなイメージありますが大丈夫なようですね(笑
自分は先日、吸い込みの悪くなった掃除機を分解清掃しました。
内部のモーター周辺にホコリがびっしり。
きれいに取ったら吸い込み力が復活しました。
[ 2007/10/31 14:54 ] [ 編集 ]

うむうむ、皆さん高価なリール使ってますね~。私はリールに12000円以上使った事ありません。今本流で使っているのは、ダイワの6000円台で買った2000番リールです(笑)今年こそは、上からニ番目位の機種に手を出そうか検討していましたが、叶わぬ夢となりそうです。

きっと今月辺りに安3000番リール購入かな?(笑)
[ 2007/11/01 00:29 ] [ 編集 ]

●OKENさん こんにちは。
分解って言ったって、ローターを外してチョコチョコといじっただけです。
いまどきのリール(特にボディ)は、パーツが増え構造も複雑化していますので、聖域には手をだしていません。以前、復元できなくなって、メーカー行きとしてしまった恥ずかしい経験があります(笑)

●720studio_wsさん こんにちは。
確かに最近のリールは、どれも完成度が高いようで、ちょっと前の最高級リールより最新の普及リールの方が性能が良かったりするみたいですね。
ところで、私がリールに求めるのは剛性で、一回の遠征中に20~40gのミノーやジグを引き倒してもビクともしない耐久性を求めています。遠征中にリールが逝っては泣くに泣けませんからね。上から2番目あたりのリールを買っているのはその保険みたいなものです(笑)
[ 2007/11/01 08:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cassio.blog68.fc2.com/tb.php/101-15aaf283